今年のBBQ料理はコレ!ベーコンミートボール爆弾で盛り上がろう!

ベーコンミートボール爆弾焼けました!

マンネリ気味のバーベキューの料理、なんか新しいレシピないかな・・・

って悩んでる人っていますか?

BBQといえば焼肉が一般的、焼きそばなんかもやりますよね。

そのステージを脱した人はローストチキンやローストビーフ、冷製パスタなんかを作ってみんなを喜ばせてくれます。

燻製が趣味の人はお手製の燻製を振る舞ってくれるかもしれません。

手前味噌ですが燻製ブログやってます。

つまり何が言いたいかというと、『バーベキュー=買ってきた肉を焼く』だけではもう物足りないんです!美味しいけど!

そんなわけで常日頃からBBQでやったら面白そうな料理はないかなぁとアンテナを張っていたところ、こんな面白いレシピがありました。

ベーコンミートボール爆弾

なに、爆弾って!

気になっちゃった人は、どうぞ続きをご覧ください!

今回はダッチオーブンで作りましたが、ご家庭のオーブンでも作れます。むしろソッチのほうが失敗なくできるかも・・・

スポンサーリンク

ベーコンミートボール爆弾の作り方

このアメリカンな料理名からご想像の通り、外国のサイトで発見しました。

どこまでアンテナ張ってるんだっていう笑

外国のサイトではありましたが、Google翻訳さんに翻訳してもらえば丸裸です。

とはいえ材料も分量も大雑把で構いません。小さじいくつで・・・とか考えません。

ぶっちゃけ「混ぜて詰めて焼くだけ」なので気楽に作っていきましょう。

材料

ベーコンミートボール爆弾の材料

およそ一人分の分量です。

必須なのは、

  • 玉ねぎ
  • ハンバーグのタネ
    • 挽肉(牛でも豚でも)
    • パン粉
    • しょうゆ
    • 砂糖
    • コショウ
    • ケチャップ
  • ベーコン(長いやつ)

それと道具として

  • 楊枝(料理用のちょい長いやつが便利。爪楊枝でもOK)

お好みで

  • チーズ
  • きのこ

こんな感じ!!

要は玉ねぎまるごと、ハンバーグのタネ、ベーコンがあればOKです。

玉ねぎを細工しよう

玉ねぎは空洞にする

まずは爆弾の外側を作ります。

玉ねぎの頭とお尻をカットして、外側の皮(茶色いやつ)を剥きます。

次に玉ねぎを半分にカットして、うまく中身を取り出しましょう。中心を抜いて内から外に順番に剥がしていくと取りやすいです。

外側は2枚ほど残します。厚い玉ねぎだったら1枚でも。

内側の玉ねぎをみじん切りに

マルチチョッパーでみじん切り

外側は爆弾の入れ物として使うので、取り除いた内側の玉ねぎをみじん切りにしましょう。

これはハンバーグのタネに使います。

久しぶりに登場のフィリップスマルチチョッパー。便利。

きのこ(今回は舞茸)も一緒に投入してみじん切りにしました。

マルチチョッパーはニンジンなんかの固い具材もバリバリみじん切りにしてくれるので、持っていると便利です。

爆弾の中身(ハンバーグのタネ)をつくろう

ハンバーグのタネです

ここは普通に、ハンバーグのタネを作ります。

挽肉に玉ねぎ、パン粉を入れてこねていきます。

あれ、ハンバーグって牛乳とか卵もいるんだっけ?まぁ今回は無しで。

砂糖、塩コショウ、ケチャップなども適当に加えます。ソースも加えちゃいました。

ベーコンで爆弾を作ろう!!

ベーコンを並べてセット

さて、いよいよ爆弾づくりです!!

写真のようにセッティングしましょう!適当でいいですよ!

玉ねぎの内側にハンバーグのタネを詰めていきます。

ここでネタ元のサイトでは肉を詰めるだけだったのですが、せっかく爆弾なので・・・

肉を詰めて、秘密の中身

とろけるチーズを仕込んでみます!!

こんなん絶対美味しいやつ!!

サイズが許すのであれば、ミートローフのようにゆで卵を入れてもいいし、パーティーで楽しむならロシアンルーレット的な何かを仕込んでも楽しいかも!!

この中身については作る人しか知ることができないので、バーベキューなんかで作ったら楽しそうじゃないですか?

ベーコンで包んでいこう

ベーコンで包んでいきます

秘密の何かを詰めたらバレないようにハンバーグのタネでフタをしましょう。

そして、ベーコンで玉ねぎごと包んでいきます。

玉ねぎが崩壊しないように、慎重に・・・

あれ、ベーコンの長さが足りない。

爪楊枝で止めて

そんなときは更にベーコンを追加して、こんな感じに止めちゃいましょう。

要はボール状をキープできればOKです!!

ベーコンミートボール爆弾をオーブンで焼こう

ダッチオーブンで焼いていきます

ベーコンで包んで楊枝まで刺さっているので、手で持っても意外と崩れません。

UNIFLAMEの6インチダッチオーブンだと玉ねぎ1つでジャストサイズ。底網を入れると残念ながらフタが閉まりませんでした・・・

もうちょっと大きいサイズのダッチオーブンで、底網を使うとベストですね。

オーブンの温度は200℃に設定して、約40分ほど焼きましょう。

ダッチオーブンの場合は下火だけじゃなくて上火も必要です。

キッチンで炭を熾す気もなかったので・・・

上火がないのでガストーチで加熱

苦し紛れのガストーチ。

調理終盤で気づいたので、短時間であまり意味なかったですが笑

ベーコンミートボール爆弾の完成!!

焼けました!

じっくり焼き上げて、完成!!

写真はダッチオーブン上火なしで焼いたのでちょっと焼き足りないですが、ベーコンがもっと飴色になるまで焼きたいですね!!

お皿に取り出して、ちょっと切ってみましょうか・・・

中からチーズがとろり!

Wow!!!

Bacon meatball onion and cheese bombs!!!

焼き過ぎました

底面のベーコンは焦げちゃいました笑

このガリガリに焦げたベーコンも美味しいです。

より高カロリーに

没アイディア、オンチーズ

こちらはチーズを乗せたらさらに美味しいんじゃないかと思ったけど、フタにこびりつきそうなので断念したonチーズバージョン。デブりたい人は是非。

あとがき

今回はご家庭のオーブンでも、ダッチオーブンでも作れるベーコンミートボール爆弾の作り方をご紹介しました。

ベーコンとハンバーグとチーズですよ・・・美味いに決まってます。

こんなの美味いに決まってます!!!

なかにとろけるチーズ入れるのはベストアイディアです。

この日だけはダイエットなんか忘れて、BOMBしちゃって下さい。

やっぱり8インチのダッチオーブン欲しいなー。

今年のBBQ料理はコレ!ベーコンミートボール爆弾で盛り上がろう!
この記事をお届けした
FEBRUARY29の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!