この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

サーマスの半額でも効果あり!氷が溶けない保冷ステンレスグラス

夏はやっぱり冷たいジュース、冷たいビールが飲みたくなる!

だけど普通のグラスだと氷を入れていてもすぐ溶けちゃうんですよね。

しかもテーブルが結露で水浸しになっちゃう・・・

そんな悩みを解決してくれるのが、THERMOS(サーマス)に代表される『真空断熱タンブラー』と呼ばれるステンレス製のコップ!!

見た目はステンレスなので清涼感はないものの、中に入れた飲み物を長時間保冷してくれ上に、グラス表面の結露も起こらないというスグレモノ!

ただ、サーマス製の商品はちょっと値段が・・・

そんな方のためにサーマスと同等の性能を持った商品が、半額程度で発売されています。

サーマスの半額でも効果あり!氷が溶けない保冷ステンレスグラス

今回は「真空断熱タンブラー」商品のなかから、YAMAZENとFORTECという2社の商品を試してみました!

実際に使ってみると、スゴイですねコレ!!

スポンサーリンク

どれくらい氷が溶けないか、比較テスト!!

比較対象は

  • 普通のグラス
  • FORTECステンレスロックグラス250ml
  • YAMAZEN保冷温ステンレスマジックグラス(ミラー)250ml

の3つです。

左から、普通のグラス、FORTEC、YAMAZEN

左から、普通のグラス、FORTEC、YAMAZEN

この3つのグラスに、常温の水100mlと、バラ氷4つを入れます。

100mlの水に氷を4つ入れます

100mlの水に氷を4つ入れます

テスト環境は室温25度、直射日光は当たらないけどそよ風が流れ込む室内です。

室温は25度程度

室温は25度程度

10分経過

10分経過

10分経過

通常のグラスは3分くらいから既に表面に水滴がつき、氷も小さくなり始めています。

それに比べてステンレス製のグラスは、空気に触れる部分の氷は溶け始めるものの、大きな変化はありません。

30分経過

30分経過

30分経過

通常のグラスの氷はほとんど溶けてしまい、このあと33分あたりで全て溶けてしまいました。

ステンレス製のグラスについてはほぼ変わらず。グラス上部の2重構造になっていない部分は結露しています。

1時間経過

1時間経過

1時間経過

室温も27度に上がりましたが、まだ氷は残っています。

1時間30分経過

1時間半経過

1時間半経過

だいぶ氷も小さくなってきましたが、まだ残っています。

通常のグラスの氷が溶けきってからすでに1時間も経っています。

1時間50分経過

1時間50分経過

1時間50分経過

かなり氷も小さくなってきました。

そろそろ限界かなー。

2時間経過

2時間経過

2時間経過

2時間経過した時点で、真ん中のFORTECのステンレスロックグラスはほぼ氷が溶けてしまいました。

右のYAMAZENステンレスマジックグラスは小さな氷が残っています。

2時間も氷が残ったことも驚きですが、その間グラス外側の結露がまったく起きなかったのも驚きです。

比較テストまとめ

今回はスタート時の水温が25度と室温と同じだったために、2時間という結果になりましたが、最初から冷水でテストした場合はもっと長持ちすると思います。

本体には結露も起きずにテーブルが水浸しになることもありませんでした。

その代わり、持った時に冷たさもあまり感じないので、手から感じる清涼感はないです。

商品比較

つぎに商品の比較をしてみます。

サイズ比較

サイズ比較

サイズ比較

サイズは今回同じ250mlの商品を購入しました。

両方共250mlなのですが、左のFORTECのものは背が低く幅が広い、右のYAMAZENのものは背が高く幅が狭くなっています。

ちなみに両方とも、男性の手でもしっかり洗えるくらいクチは広いです。

飲みくち比較

飲みくち比較

飲みくち比較

実際に口をつける飲みくちの比較です。

ここの仕上がりによって口当たりが変わるので大事ですよね!

写真を見ての通り、FORTECよりYAMAZENのほうがわずかに厚く、丸みを帯びています。

実際に飲み比べてみても、YAMAZENのほうが口当たりが優しいです。

ただ、比べないとわからないレベルとも言えます。

ちなみに、飲み口の部分は真空状態になっていないので、結露します。

FORTEC

FORTEC

YAMAZEN

YAMAZEN

YAMAZENのほうが若干結露の幅が狭い=断熱真空構造のエリアが広いです。

僅かな差ですが。

側面、底面比較

側面下部比較

側面下部比較

真空断熱ステンレスグラスの製作工程上こうなってしまうんでしょうか?

2つのパーツを組み合わせたようになっています。

YAMAZENの方はなっていないじゃないか、と思われるかもしれませんが、

底面比較

底面比較

YAMAZENの方は底面でこのようにパーツが組み合わさったようになっています。

これは完全に好みで別れると思います。

また、FORTECのほうが底面積が広く、YAMAZENよりも安定します。

両製品とも背が低いので倒れるということは無いでしょうが、キャンプなどでテーブルが水平にならない時はもしかしたら差が出るかも?

内側底面

FORTEC

FORTEC

YAMAZEN

YAMAZEN

内側の底は平面ではありません。

FORTECはなだらかな球面になっており、YAMAZENは中央にポコっとした球面になっています。

どちらも洗うときにスポンジが届かなくなるようなことはありません。

ステンレスグラスまとめ

両製品ともサーマスの半額程度で買えてしまうので、性能はどうなんだろうと思っていたのですが、通常のグラスと比べても4倍近い保冷力がありました。

また、保冷だけではなく保温にも優れているので、夏だけじゃなく冬にも活躍しそうです。

ただ、ステンレスの口当たりが苦手という人もいるでしょうし、乾杯の時のグラスをぶつけてもあまりいい音がしないなど笑、ちょっと物足りないところもあります。

あ、落としても割れないっていうのはポイントですね!

1個600円もしないで購入できるので、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
Pickup!

Wordpressテーマカスタマイズ&プラグイン紹介

リトルノア勝手に攻略

ユニフレーム6インチダッチオーブンレシピ

燻製いんふぉ

この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!