コツを掴んだ!?ダーツはレールに乗せて飛ばせ!

ふんわりダーツはもうヤメだ。

さっき、ほんとにさっきコツを掴んだ気がしてブログを書いています。

結論。

「ダーツはレールに乗せろ!」

って、誰かも言っていたかもしれないですけど笑

今までふんわり山なりに投げていたのですが、どうも行き詰ってしまって。

試行錯誤していて、ようやく出会ったのがレールです。

試行錯誤の末ってのがクセモノですね。なんだか一過性な気もしますけど、とりあえず続きをどうぞ。

スポンサーリンク

「レールに乗せる」とは?

今まで描いていたダーツの軌跡は、山なり。

イメージとしては虹とか、遠投の野球ボールとか。

対して、レールに乗せるというのは、銀河鉄道999やバック・トゥ・ザ・フューチャーのようなイメージ。

レールにのせる?

あくまで、イメージです笑

何が言いたいのかわからないと思いますが、つまりは「リリース時に押し出す」ってことです。

今までは抜けるように投げていたのですが、少しだけ押し出すイメージにして、若干直線的にな軌跡を意識しています。

こうすると、今までターゲット直前で失速してチョイ下に刺さっていたのが、狙い通りのところに刺さるようになりました。

走り幅跳びで言うと、踏切をしっかり切るということですね。

踏切をしっかり!

これまたわかりづらいですね。

ダーツはゴルフに似てる?

そういえば、ダーツってゴルフと通じるところがあるなあと考えていました。ゴルフについては用語とか全然わからないのでうまく伝えられるかわかりませんが。

まず、自分との戦いである点。相手の成績がどうであろうと、自分がそれ以上の成績を出せば勝利。

次に「ナイスショット」「ナイスダーツ」と相手を尊び褒めるスポーツである点。

周りの状況に惑わされないメンタルが必要とされる点。

そして、フォームが大事である点。

ダーツが上手い人はゴルフが上手という話は聞いたことないし、その逆も聞いたことはないですが、スポーツとして根底にあるものは同じなのかなぁと、ぼんやり感じました。

まぁゴルフはダーツと違って金かかるけどね!

ダーツのオリジナルグッズ作りました!

じゃーん!

ブルズアイのスマホリングを作っちゃいました!

これでいつでもブルズアイに指を触れていられます・・・

一応ソフトダーツのデザインで、ビットの位置なども正確に再現しました。

リングは艶ありゴールドと艶なしシルバーの二種類。

スマホスタンドにもなるので、ダーツのお供にスマホにペタッと付けてあげてくださいね!

商品詳細は上の画像をクリックorタップ!

スポンサーリンク

更新情報をお届けします!