【キャンプ料理】ダッチオーブンで作る『キャベツとベーコンの蒸し焼き』

ダッチオーブンで作る『キャベツとベーコンの蒸し焼き』

自宅でもキャンプでもできちゃう!

柔らかキャベツがまるごと美味しい「キャベツとベーコンの蒸し焼き」の作り方を紹介します!!

材料も調味料も、キャンプに行く時に揃いそうなものばかりなので、キャンプ場でも作れちゃうのが嬉しい!!

ダッチオーブンで作る『キャベツとベーコンの蒸し焼き』

今回は1人前用にユニフレームの6インチダッチオーブンで作っています。

【ユニフレームダッチオーブン6インチスーパーディープ】洗剤で洗える黒皮鉄板製の一人用ダッチ
【ユニフレームダッチオーブン6インチスーパーディープ】洗剤で洗える黒皮鉄板製の一人用ダッチ
メリークリスマス! いや~、寒いですね。札幌は遠くのビルが見えなくなるくらい、雪がしんしんと降り続いています。 こんな日はつい引きこもってしまいますが、せっかくなので先日届いた「ユニフレーム黒皮鉄板ダッチオーブン」のシーズニングを行います! >>...

材料もほぼ1人前で紹介するので、ダッチオーブンのサイズに合わせて分量を変えてくださいね。

スポンサーリンク

『キャベツとベーコンの蒸し焼き』の作り方

材料はこれ!(1人前)

キャベツとベーコンの蒸し焼き材料

  • キャベツ・・・1玉もしくはダッチオーブンに入るくらい
  • じゃがいも・・・2個(皮付きのまま)
  • ベーコン・・・4枚パック×2
  • 日本酒・・・少々
  • 顆粒コンソメ・・・少々
  • 水・・・少々
  • 塩コショウ・・・お好みで

あとで気づいたのですが、キャベツ多すぎました。

「蒸せば減るだろう」と思ってたのですが、想定外に多かったです笑

ベーコンを敷き詰める

まず、ベーコンを半分(4枚)ダッチオーブンの底に敷き詰めます。

まだ火にはかけません。

が、軽く焼いたら美味しそうですね。

ベーコンを半分敷き詰め

キャベツを入れる

男らしくキャベツを入れます!!

キャベツをまるっと入れて

はみ出た!!

10インチなど大きめのダッチオーブンで作る場合は1玉まるごと入ると思います。

その際はキャベツを4つに切り分けます。

今回は6インチという小さいダッチオーブンなので、適当に手でちぎったキャベツを、適当にぶち込んでます。

さらにベーコンを乗せる!

残りのベーコンをキャベツの上に乗せます。

残りのベーコンをかぶせる

この際、あらびきウィンナーなんかも入れると120%美味いです!!

半分にちぎって入れると男らしいです。

じゃがいもも乗せる!

半分に切ったじゃがいもを入れます。

じゃがいもを入れて

皮付きのままがウマイ!!

よく洗いましょう。

芽が出ちゃってる場合はちゃんと取りましょうね。

調味料を入れる

最後に、調味料を入れます。

調味料と水をいれる

まず、酒を少々。白ワインとかでも良いかも。キャンプの時とか持ってる人いますよね!

つぎに、水を適量。ある程度具材が浸るまで入れます。キャベツからも水分が出ますし、調理中はフタをするので蒸発して水分が減るということはあまりありません。

最後に、顆粒コンソメを適当に。

フタをして、最初は中火で

ダッチオーブンのフタをします。

入れすぎてフタが閉じない・・・

具材が多すぎてフタができません。

ここでようやくコンロに火を付けます。

最初は中火か強火で。

フタの隙間から蒸気がでたら弱火にします。

炭火で調理する場合も、フタの隙間から蒸気がでたら弱火エリアに移動させましょう。

30分ほど蒸したら完成!

弱火にしてから30分程度蒸したら完成です!

30分後、完成

お好みで塩コショウで味を整えてください。

塩コショウで味を整える

ポイント!!

じゃがいもに火が通りづらい場合は、茹でる時間を長くするか、少し小さめにカットしましょう。

キッチンで作る場合は電子レンジでチンすると早いです。

ダッチオーブンは圧力鍋効果があるので大抵はホックリ茹で上がると思います!

また、スープにはベーコンとキャベツ、じゃがいもから出た旨味がたっぷり凝縮されています。

最後の一滴まで美味しく食べられます!

キャベツがトロトロ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
LINEスタンプ発売中です

LINEスタンプ発売中です

この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!