HUAWEI P9liteとP8liteの性能比較。薄く速く高画質、長持ちバッテリー!

日本のスマホシェアは相変わらずiPhoneの一人勝ちですが、androidも各社しのぎを削っています。

その中でも、いま勢いがあるのが、HUAWEI(ファーウェイ)。

安い・性能が良い・デザインが良いというイイトコどりのSIMフリースマホを世に送り出しています。

今回、6月17日に新モデルが発売されるのですが、そのなかでも注目の端末が「P9 lite」。

エントリーモデルとしては性能もデザインも高く、それでいて3万円を切る低価格という、最も気になるスマートフォンです。

僕は前モデルの「P8 lite」を愛用しているのですが、P8liteと比べてP9liteはどのように変わったのでしょうか?

スペック表から比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

製品比較表

比較表が見切れている場合は左右にスワイプできます。

Windowsの人は表内でキーボードのShiftを押しながらマウスのホイールクルクルで左右にスクロールできます。

製品名 HUAWEI P9lite HUAWEI P8lite
サイズ 146.8mm x 72.6mm x 7.5mm 143mm x 71mm x 7.7mm
重さ 約147 g 約131 g
カラー ゴールド、ホワイト、ブラック
対応OS Android™ 6.0 Marshmallow
/ Emotion UI 4.1
Android™ 5.0 Lollipop
/ Emotion UI 3.1
CPU Hisilicon Kirin650 オクタコア
(4×2.0GHz+4×1.7GHz)
Hisilicon Kirin 620 オクタコア
(A53/1.2GHz)
メモリ RAM:2GB / ROM:16GB
SIM Nano SIM×2 [Micro SIM スロット] + [Nano SIM
/ Micro SD 共用 (排他) スロット]
SDカード Micro-SDスロット(最大128GB) Micro-SDスロット(最大32GB)
バッテリー 3,000mAh 2,200mAh
連続待受時間 LTE-FDD:約610h
WCDMA:約630h
GSM:約600h
LTE-FDD:約450h
WCDMA:約500h
GSM:約600h
連続通話時間 WCDMA:約18.9h
GSM:約31.5h
WCDMA:約13h
GSM:約20h
ディスプレイ 5.2インチ,
FHD(1920×1080ドット),
IPS(in-cell)
5.0インチ,
HD(720×1280ドット),
IPS(GFFフルラミネーション)
アウトカメラ 1300万画素(開口部F2.0/AF/BSI)
インカメラ 800万画素(開口部F2.0/FF/BSI) 500万画素(開口部F2.4/FF/BSI)
通信速度(受信時/送信時) 下り(受信時)最大150Mbps(LTE),
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
通信方式 Bluetooth®通信 / Bluetooth v4.1,
テザリング機能 / 最大接続台数8台
Bluetooth®通信 / Bluetooth v4.0+LE,
テザリング機能 / 最大接続台数8台
センサー 指紋、加速度、コンパス、環境光、近接 加速度、近接、環境光、電子コンパス
本体付属品 ACアダプタ
USBケーブル
クリアケース
イヤホンマイク
クイックスタートガイド
本体保証書
ACアダプタ
USBケーブル
イヤホンマイク
クイックスタートガイド
本体保証書
ACアダプタ保証書
SIMカードピン

P9liteのココがスゴい!

HUAWEI P8lite

まだ発売前なのでスペック表からの判断ですが、P9liteのココがポイント!!

ディスプレイが綺麗!

フルHDディスプレイ

HDディスプレイだったP8liteに比べて、P9liteではフルHD(1920×1080ドット)となりました。

これは一般的な家庭の大型液晶テレビと同じ解像度です。

各社フラッグシップモデルやiPhone6plusなどでは既に実現されていますが、これがエントリーモデルにまで採用されるなんて、スゴいですね。

3,000mAhの大容量バッテリー!

大容量バッテリー

2,200mAhだったバッテリーが3,000mAhにパワーアップしました。

バッテリー容量が多ければモバイルバッテリーを持ち歩く必要もなくなるので嬉しいですね!

ただそのせいで、若干重さがアップしてしまいました。

指紋認証センサー搭載

指紋認証センサー

エントリーモデルなのに、指紋認証センサーを搭載しました!

ロックの解除、カメラのシャッター、着信応答、アラームの解除などの操作が可能。

高感度の指紋認証センサーを搭載し、最大5つの指紋登録が可能です。

プロカメラモード搭載

プロカメラモード搭載

まるで一眼のような細かい設定ができるプロカメラモードを搭載しています。

いままではスマホ任せで思った通りに写真が撮れなかった人も、これで解決しそうですね!

そのほか、美顔補正をかける「パーフェクトセルフィー」、料理を美しく撮る「フードモード」、撮影後にピント位置を変更できる「全フォーカース」などを搭載。

注意!P9LiteはNanoSIMしか使えない!

総合的にスペックは上がっていて、指紋認証まで搭載したP9lite。

コスパも高いしP8liteから乗り換える人もいると思いますが、一点注意するポイントがあります。

それはP8liteで使っているSIMカード。

前機種P8liteはMicroSIMとNanoSIMのどちらも使える仕様、というかどちらかが使える仕様です。

でもNanoSIMを選択するとSDカードが使えなくなるため、多くの人はMicroSIMを選択していると思うんですよね。

しかし、新機種P9liteはNanoSIMオンリーです。

乗り換えの際に、MicroSIMを使っていた人はSIMカードの切替が必要となり、ちょっと手数料が発生します。

3,000円くらい?ちょっとだけ余分に出費です。

これで25,800円!!

前モデルであるP8liteを完全に凌駕し、他社の同価格帯スマートフォンと比べても高性能を誇るP9lite、こんなにハイスペックなのになんと29,980円(税別)です。

なんと2016年11月11日に値下げ!25,800円(税別)になりました!!

楽天なら2万円以下で買える!

しかも!!

楽天モバイルでは乗り換えユーザー限定&期間限定(2016年12月1日)ですが、旧価格から10,000円引きの19,980円でP9liteが買えちゃうキャンペーンを実施中!!

これはAmazonでの前モデルP8liteと同じ価格帯です。

楽天スーパーポイントも溜まっているので、乗り換えようかな・・・

http://feb29.org/huwei-honor8-review.html

スポンサーリンク

更新情報をお届けします!