LINEモバイル開始!LINEやTwitterなどSNS定額使い放題が特長

ついに9月5日、LINEモバイルがサービス開始となりました!

サービスが発表されたのが2016年3月なので、半年間の時を経て、ついに解禁です。

LINEモバイルはその名の通り、LINEが提供するモバイル通信サービスです。

ドコモやソフトバンク、auなどと契約した時や、スマホを買った時にSIMカードを挿しましたよね?それです!そのSIMカードをLINEも提供するようになりました。

これはいわゆる「格安SIM」というものです。

ドコモのネットワーク回線を借りて、安い月額料金でデータ通信や通話ができるようにしたものです。

同様のサービスを提供している会社はたくさんあり、IIJmio、楽天モバイル、DMMモバイル、OCNやぷらら、なんとイオンまで!

各社月額料金も1,000円前後と横並びで、まさに群雄割拠です。

LINEモバイルって何?

そんななかLINEが参入したのはなぜか?

今回はLINEモバイルの特長なども合わせて、どんな人にオススメなのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

LINEモバイルのミッション

LINEモバイルがサービスを開始するにあたり、公式ブログでこのように述べています。

これからの未来、スマートフォンはまだまだ私たちの生活を便利でハッピーにしてくれるはず。
私たちLINEはそう信じて、”CLOSING THE DISTANCE”、つまり、人と人、人と情報、サービスを最適な距離に近づけることをミッションにしています。

「LINEモバイル」で、今のスマートフォンの環境を変え、ユーザーとモバイルの関係をより良くしていく。

スマートフォンを通じて人と情報の関係をより良くしていく。

これはスマホアプリの「LINE」であったり、TwitterやFacebookなどのSNSを指すと思いますが、それはLINEモバイルじゃなくてもアタリマエに使えますよね?

LINEモバイルが打ち出したのは、LINEやTwitter、Facebookなどのデータ通信量をカウントせずに使い放題となる「カウントフリー」という仕組みです。

データ通信量を気にせずLINEし放題の「カウントフリー」

4G通信などで気にしなければいけないのが「データ通信量」。

プランによって毎月3GBとか7GBとか上限があり、それを超えるとデータ通信速度がガクッと落ちます。通信制限ってやつです。

LINEモバイルでは特定のアプリに限り、このデータ通信量を無制限としました。

特定のアプリというのは、契約するプランによって異なりますが「LINE」「Twitter」「Facebook」の3つ。

「インスタやスナチャはダメなの!?」と言われそうですが、とりあえず上記3つです笑

それでも日常のスマートフォン利用において使用頻度の高いこの3つのSNSがデータ通信の制限を気にせず使える、というのは嬉しいですよね。

カウントフリーの対象となるのは

カウントフリーの対象となるのはLINE、Twitter、Facebookですが、その中でも対象となる機能、対象とならない機能があります。

「LINE」の利用におけるカウントフリー対象表
トーク機能のご利用
・テキスト及び音声メッセージの送受信
・スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信
・無料通話、ビデオ通話

タイムライン機能のご利用
・画面閲覧、投稿(画像、動画含みます。)

その他のご利用
・スタンプ、着せ替えのダウンロード
・アカウント設定に関わるご利用
・友だち一覧画面の表示、友だち追加
・「その他」画面の表示

「Twitter」「Facebook」の利用におけるカウントフリー対象表
Twitter
・タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
・「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
・メッセージ機能のご利用
・プロフィール編集

Facebook
・タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
・「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
・プロフィール編集

アプリだけではなく該当サービスにウェブブラウザから利用した際にも、カウントフリーが適用されるそう。

Facebook LiveやFacebook Messenger、Twitterのライブストリーミング動画などはカウントフリーの対象外なので注意しましょう。

また、公式アプリ以外のサードパーティ製アプリからTwitterなどを使った場合もカウントフリーの対象外だそうです。

詳細は公式ページで確認できます。

カウントフリー機能に係る説明書

LINEモバイルのプラン

LINEモバイルのプランは大きく分けて2種類しかありません。

ざっくり言うと、LINEのみがカウントフリーになる「LINEフリープラン」、それに加えてTwitterとFacebookもカウントフリーになる「コミュニケーションフリープラン」です。

LINEフリープラン コミュニケーションフリープラン
月額料金/容量 500円/1GB 1,110円/3GB
1,640円/5GB
2,300円/7GB
2,640円/10GB
+SMS +120円(月) 上記金額
+SMS+音声通話 +700円(月) +580円(月)

(すべて税抜き)

音声通話はMNPにも対応しています。

MNPを即日開通させてみよう! : LINE MOBILE 公式ブログ

どんな人にオススメ?

やはり特長となるLINEのヘビーユーザーは間違いなくオススメです。

月額500円という料金からはじめられるので、小中学生のお子様のスマホデビューにも良いかもしれないですね。音声通話を付けなくてもLINE通話で連絡取れますし。

コミュニケーションフリープランも、SNSをよく使う人なら要チェックです。

こちらはデータ通信容量が3GB~10GBまで選べるので他のMVNOと似ていますが、SNSのりよう比率が高い人はオススメなのではないでしょうか。

動作確認済み端末

こちらの公式ページよりチェックしましょう。

動作確認済み端末 - LINEモバイル
LINEモバイルSIMの動作確認済み端末。LINEモバイルは、ヒトとヒト、ヒトとサービスの距離をもっと近づけるために私たちが考えた1つの答えです。価格の安さだけでなく、機能もイチオシのSIMフリースマホをご用意。

僕の使っているHuawei P8liteはデータ通信、音声通話、テザリングともに動作確認済みでした。やったね!後継機種のP9liteもOKのよう。

iPhoneも5s以降(iPhone5s、iPhone6plus、iPhone6s、iPhone6splus、iPhoneSE)は問題ないようです。なぜかiPhone6が載っていないのが気になりますが。

他のアプリやゲームはできないの!?

さて、ひょっとしたら誤解している人もいるかもしれないので・・・

LINEモバイルはLINE専用のSIMカードではありません。

サービス名やカウントフリーばかり紹介するとLINE専用のサービスと勘違いしてしまいそうですが、ポケモンGOだってツムツムだって、Youtubeだって普通に楽しめる!はず!(すいません未確認です。自己責任でお願いします)

もちろんこれらはカウントフリーの対象外ですので、各プランのデータ通信上限を超えると通信制限(200kbps)がかかります。

ただし、通信制限がかかった状態でもカウントフリー対象の通信、つまりLINE(Twitter、Facebook)は高速通信のままとなります。

その他のメリット

3大キャリアであるドコモ、ソフトバンク、auを使っている人なら気にしたことないと思うのですが、格安SIMを使っている人ならLINEでの年齢認証とID検索で困ったことありませんか?

LINEモバイルはLINEでの年齢認証とID検索が可能です!

これは嬉しい。

また、SMS認証やFacebook認証なしでもLINEアカウントを作成できます。

これは、まぁ最初だけだし・・・笑

月額利用料の1%がLINEポイントとして付与される!!

最安プランで月500円だから、毎月5ポイントは必ずゲットできます。

2年使えば120ポイントたまってLINEスタンプが1つ買える・・・道は長い。

LINEの友達で、同じLINEモバイルユーザーが入れば通信量をシェアできる!

家族でシェアというのはあったけど、友達同士で分け合えるのは珍しいですね。

友達がどうしても困っている時は助かる・・・のかな?

あとがき

そんなわけでLINEモバイルがサービスインしました。

さすがにメインの回線をMNPしようとは思わないですが、データ専用で使っている楽天モバイルをやめてLINEモバイルにしてみようかな・・・

スポンサーリンク

更新情報をお届けします!