事前に確認!楽天モバイル、データSIMの解約方法と解約時の注意点

事前に確認!楽天モバイル、データSIMの解約方法と解約時の注意点

楽天モバイルを解約しました。

通信品質とかに不満は無かったのですが、寒くなってきてポケモンGOをやりに外出もしなくなったし、家の中だとWifiあるし・・・って理由です。

メインのSIMが別にあって補助的に楽天モバイルを使っていたので、この際だし解約しちゃおうって流れです。

ちなみに、データSIMです。通話なし。

で、一応備忘録的に楽天モバイルの解約方法を残しておこうと思います。

いきなり解約の申込をしてバタバタ焦ってしまったポイントもあるので。

楽天モバイルのデータSIMを解約するぞ!って言う人は、参考になれば幸いです。

2016年11月現在の情報です。

スポンサーリンク

楽天モバイル、データSIMの解約手順

まずは大まかな解約の流れを説明します!

データSIMは通話SIMと違って最低利用期限もないので気楽です。

  1. データSIMの電話番号を確認する
  2. 楽天モバイルカスタマーセンターに解約を伝える
  3. データSIMを楽天に返送する

これが楽天モバイルの解約の流れになります。

細かく手順を見ていきましょう。

データSIMの電話番号を確認する

解約時にはデータSIMの電話番号を聞かれます。

「データSIMなのに電話番号?」と思われるかもしれません。僕も思いました。

でも、データSIMにも電話番号が割り振られているんですね。

データSIMの電話番号は、SIMカードが届いたときのカードの裏面に記載されています。

データSIMの電話番号

「そんなもん、捨てちゃったよ!!」と言う人もいると思います。

Androidの場合は、以下のようにスマホから確認ができます。

設定

設定アプリから

端末情報

下の方の端末情報をタップ

機器の状態

機器の状態をタップ

SIMのステータス

SIMのステータスをタップ

電話番号

電話番号が確認できます。

上記はXperia(Androidバージョン5.1.1)での例ですが、Androidなら大体同じかなぁと思います。

SIMフリーのiPhoneの人は・・・どこで確認するんだろう。

楽天モバイルカスタマーセンターに電話する

データSIMの電話番号を確認したら、楽天モバイルカスタマーセンターに電話をして解約しましょう。

そう、楽天は電話でしか解約できません!

解約についてのページは、

楽天モバイルページ下部>よくある質問>解約>解約方法について教えてください。

で確認することが出来ます。

■楽天モバイルのサービス自体をご解約の場合
楽天モバイルカスタマーセンターまでお電話にてご連絡ください。
【お問い合わせ先】 0800-6000-100(通話料無料)
【受付時間】 9:00 – 18:00(年中無休)

カスタマーセンターに電話すると、音声ガイダンスが流れます。

スマホをスピーカーモードにして、テンキーを開きましょう。

ただ、この音声ガイダンスが長いです!!

通話料無料とは言え、気が短い人なら耐えられないかも。

そんな人は、と押せばオペレーターにつながります。まともに聞いてたら数分かかります。笑

が「楽天モバイル利用中の方」、続いてが「解約について」となっています。2016年11月現在。

電話もなかなか繋がらないですが、ひたすら待つか、時間を改めて電話しましょう。

データSIM解約の旨を伝える

運良くオペレーターに繋がったら、解約の旨を伝えましょう。

「データSIMの解約をしたいのですが」と伝えれば大丈夫です。

契約者確認やサービス向上のため、以下のことを聞かれます。

  • 名前(フルネーム)
  • 契約時の電話番号
  • 契約者本人かどうか
  • データSIMの電話番号
  • 解約理由
  • 他社を利用しているかどうか

解約理由や他社サービス利用については答えたくなかったら答えなくても良いかもしれません。

僕は正直に「利用機会が減ったので」と伝えました。

この後、解約となる時期と、いつまで利用できるか、SIMカードの返却について説明がされますので、しっかり聞いておきましょう。

解約時期とSIMカードの返却

解約はこの電話で受理されるのですが、解約時期については解約した日にちによって異なります。

15日までだと当月末、16日以降だと翌月末が解約となります。

今回の僕の場合だと、11月17日に解約の電話をした(解約が受理された)ので、12月末が解約となります。

そして、SIMカードは楽天へ返却しなければなりません。

SIMカードはレンタルされたものなので、勝手に捨てたりしちゃダメです!

SIMカードの返却期限は、解約から1ヶ月となっているので、僕の場合だと2017年1月末までに楽天に返送しなければなりません。

返却しなかった場合は損害金を請求される、という話もあるので、ちゃんと返却しましょう。

なお、返却時の送料は自己負担となります。封筒でも良いそうなので82円でOKですね。

これで楽天モバイルのデータSIMが解約できます。

SIMカード返却先は契約時期で異なる

さて、SIMカードの返却先ですが、契約した時期・契約方法によって異なります。

【2015年10月6日以降にWebでお申し込みの方の返却先】
〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F
楽天モバイルSIM返却係
【2015年10月6日以降に店舗でお申し込みの方の返却先】
楽天モバイルカスタマーセンターにお問い合わせください。
【2015年10月5日以前にお申し込みの方の返却先】
〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
物流センターSIM返却係

この情報については以下より確認できます。

楽天モバイルトップページ>注意事項>SIMカード

該当しない住所に返送しないように注意しましょう。

あとがき

今回は使っていないデータSIMなので解約してしまいましたが、楽天スーパーポイントで支払いができる点や、楽天でしか買えないHuawei honor8など、楽天モバイルならではの魅力もあります。

とくに楽天カードを持っていて、よく楽天で買い物する人にとっては嬉しいことに、毎月のスマホ料金100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

僕もまた楽天を再契約するかもしれません。

それまでしばし、お別れです・・・


スポンサーリンク
スポンサーリンク
LINEスタンプ発売中です

LINEスタンプ発売中です

この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!