この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

サンワサプライ6ポートUSB充電器(700-AC011BKAZ)の購入・使用リポート

いま盛り上がっているモバイル機器といえば「USB充電器」。

家庭用電源につないでUSB機器の充電を行うもので昔からあるカテゴリなのですが、「Anker 40W 5ポート USB急速充電器」が出てから一気に話題になったように思います。

特徴としてポートごとに各モバイル機器に適した出力で充電をすき機能を備えています。

例えばiPhone用の充電器(1.5A)でiPadの充電(2.4A)をしようとすると出力が足りずに正常に充電ができないのですが、この機能があれば何も考えずに充電をすることができます。

この機能を備えた機器はANKERの独壇場だったのですが、サンワサプライからも同様の製品が登場しました。それが「6ポートUSB充電器(700-AC011BKAZ)」です。

SANWA SUPPLY

しかもANKERの新製品と同様に6ポートを備えたもの。

サンワサプライの6ポートUSB充電器(700-AC011BKAZ)も「スマートUSBシステム」というUSBポート出力自動判別機能を備えていて、どのポートに差しても機器に合わせた出力で充電を開始します。

スポンサーリンク

ANKERとの違いは

競合となるのは「Anker 60W 6ポート USB急速充電器」です。

ポート数も6個、出力自動判定機能も備えているのは同じですが、以下の様な違いがあります。

サンワサプライ
700-AC011
ANKER
AK-A2123521
ポート数 6つ 6つ
出力合計 10A 12A
各ポート出力 2.4A 2.4A
本体サイズ W26mm
H69mm
D99.5mm
220g
W26mm
H70mm
D99mm
268g
本体カラー ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
電源 AC100~240V AC100~240V
回路保護システム あり あり
出力自動判定機能 あり あり
amazon価格 2,580円 3,599円

トータルの出力に違いがあり、それが値段の差にもなっている感じですね。

その他のスペックはほぼ同じ、本体サイズも殆ど変わりません。

パッケージはシンプル

今回はアマゾンで購入しました。

届いたパッケージは意外にも簡素なものでした。

700-ACA011BKZA

中身もとってもシンプル。

本体と電源コード、1枚ものの説明書が1部入っているだけでした。

内容物

ブラックモデルを購入しました。

光沢のあるピアノブラックで、指紋が目立ちます。

気になる方はホワイトモデルのほうが良いと思います。

保護シートが側面、前面、後面すべてに貼られています。

700-ACA011BKZA

製造元は「株式会社イミディア」というところのようです。

主にモバイル機器を開発・販売している企業のようです。

株式会社イミディア

実際に充電してみた

それでは実際に充電してみましょう!

DSC00843

充電するのは

の6つです。

画像は撮影のためにα6000は写っていませんが・・・

5ポート使用

ちゃんとすべての機器が充電できています!(上記写真+SONY α6000を接続して充電できています。)

6ポート合計10Aまでですから、例えばタブレットを5個とか繋ぐと充電はできないと思います。

良い点・気になる点

充電中・動作中の駆動音はほとんどしません。

ほとんどというか、一切しません。無音です。

ANKERの方は駆動音がするというリポートも上がっているので、ここはサンワサプライに軍配でしょうか。

実際に使い始めて最初に気になったのは、電源が入っているかどうかわからないということ。

電源コードを繋いでも、動作ランプなどがないので動いているかわかりません。

ここはLEDを搭載しているANKERに軍配が上がります。

できればANKER、サンワサプライ共に、USBポートそれぞれにLEDを付けて、通電中のポートがわかるようになれば嬉しかったのですが。

実際に自分の利用環境を想定・確認して、購入する製品を選ぶとよいでしょう。

僕はUSBの抜き差しが面倒なので6ポートを購入しました笑

スポンサーリンク

この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!