国産50型フルHD液晶テレビが63,000円!ORION「DN503-2B1」購入レポート!

国産の50型フルHD液晶テレビがこの値段!?

最初みたとき、32型のテレビかと思いました。もしくは中国や韓国などの海外ブランドか、とも。

でも違ったんです。

国産メーカーで、50型で、フルHDでチューナー2基搭載のちゃんとした液晶テレビなんです!

そんなわけで、引っ越したばかりでテレビもなかったので、買ってしまいましたオリオンのDN503-2B1!!

ORION LED液晶テレビ型 50型 ブラック DN503-2B1

今回は設置から設定画面など、購入しないとわからないような箇所も紹介したいと思います。それでは、続きをどうぞ!!

63,000円で買えたワケ

まず設置レポの前に、63,000円で買えたワケを説明します。

気になる方もいると思うので!

ネタばらししちゃうと、購入金額は69,800円で、ポイント還元が10%あったので、実質約63,000円という感じです。

そう、購入したのはヨドバシ・ドット・コムです。

初めてヨドバシ・ドット・コムで買い物したんですがスゴイ!

夜の11時に購入したら次の日の19時に届きました!

アマゾンとかより全然早いし、ヨドバシ直送なのでスタッフさんも親切!

みなさん家電を購入するときは価格.comなんかで値段の下調べすると思います。

僕も価格コムで下調べをして、価格変動のたびにメール送信してもらっていたんですが、最安価格が69,800円付近から動かない。

ちょっと前には65,000円とかあったらしいので、その価格になるまで待つかなーと思っていたのです。

でもよく見たらヨドバシ・ドット・コムが69,800円+10%ポイント還元。

ヨドバシでは買い物する機会もあるだろうし、コレでいいかなーと思い注文しちゃいました。

後日、壁寄せテレビスタンドを購入しました。

コレがタイミング良かったようで、翌日にはなんと88,600円に値上がりしてた!

1日ズレただけで2万円近くも値上げ!これぞ買いたい時が買い時!!!

製品パッケージは意外と小さい?

さて、そんなわけでヨドバシ・ドット・コムから品物が届きました。

スタッフさんが二人でいらっしゃったので、やっぱりデカイのかなーと思っていたのですが、、、

あれ?意外と小さい・・・というより梱包がすごく薄い。

ちょっと拍子抜けしちゃいました。

で、スタッフさんに頼めば設置する部屋の中まで運んでもらえたのかも知れないのですが、とりあえず玄関で受取り、自分で部屋に運ぶことに。

持てるかな・・・お、意外と持てるな!

ダンボールの横に取っ手用の穴が開いているので、一人でも抱え込むようにして運ぶことができました。

で、パッケージはこんな感じ!

パッケージ正面

落ち着いて見るとやっぱり大きい!

右下にiPhone5置いてみましたが、ぜんぜん参考にならないという。

パッケージ上面

梱包の状態でこの薄さです。

昔は液晶ってもっと箱が大きいイメージだったんですけど、今ってこんなもんなんですか?

スタンドが取り外せるからこんな薄く梱包できるのかな。

大型液晶テレビを1人で設置する方法

さっそく中身を出したいと思います。

上面を開けるとまず目につく「商品の取り出し方」みたいな説明書。

ちゃんと開けたらすぐ見れるところにあるのは親切ですね!

開封方法

これは「側面に取り出し用のダンボール入れてあるから、二人でそれの取っ手を掴んで引き出してね」といった感じの説明が書いてあります。

オリオンは日本のメーカーなのでマニュアルも当然日本語です。

取り出し方説明

こんな感じ。

あいにく、一人暮らしなのでマニュアルのように二人で取り出すことはできず。

1人で50型の液晶テレビを真上に引き上げるなんて、万が一落としちゃったりしたら悲惨。

そんなわけで、こう開けました。1人で開梱するときは参考に!

1人で開封方法

このとおり、ダンボールの横を切ってがばっと開けてしまいました。

パッケージの中身がどうなってるかわからないときは、ダンボールのギリギリをうまく切りましょう。

ココまで開けばすぐ出せますね!

ただ、あとで気づいたのですが発泡スチロールは外さないでこの状態にしたほうが良いです。説明は後ほど。

内容物は少ない

さて、この薄いパッケージの中には何が入っているのか。

それは最小限のパーツと本体のみでした。

内容物

緩衝用の発泡スチロールも写っちゃってますが、内容物は、

  • 本体に取り付けるスタンド
  • リモコン+単4電池
  • 電源コード
  • 説明書
  • B-CASカード

これだけ。

あ、あと本体です笑

これだけ内容物がシンプルなのはうれしいですねー。

1人で組み立てる

さて組み立てですが、さきほど発泡スチロールは外さないほうが良いというのは、以下のようにスタンドを取り付けたためです。

スタンド取り付け

本体を逆さまに立てる!

ちなみにさっき開梱した写真で手前側が液晶上部でしたので、この写真は

  1. 開梱時に外しちゃった液晶上部の発泡スチロールを再度はめて
  2. 液晶を逆さまに立てて
  3. 液晶下部についていた発泡スチロールを外した

状態です。分かりづらいですね笑

説明書にはスタンドを取り付ける場合、毛布など柔らかい物を敷いたテーブルに載せてスタンドを付けるようなイラストが書いてあるのですが、なぜ逆さまに立ててるかというと、

  • 1人で大きな液晶を持つと画面がたわみそう(それだけ本体が薄い)
  • 移動させる間に万が一落としてしまうのが怖い

といった理由。

まぁ立てるのも液晶たわみそうですけど。

スタンドは5本のネジで固定します。

装着部分の形状も台形になっているので前後を間違えることはないでしょう。

スタンド装着

スタンドの裏面は鉄板で補強されています。大きい液晶ですから大事な部分ですね。

スタンドを取り付けたら、くるっと回転させて設置完了!

設置例

今回はあまりに早くテレビが届いてしまったため、まだテレビ台などは購入していません。

応急的に、良いサイズのラグマットがあったのでそれの上に置いています。

こういうのに置くと、フローリングの場合は移動が楽です。引っ張れば動かせるので。

にしても、大きい!!

後日、壁寄せテレビスタンを購入しました!!

壁掛けテレビを手軽に実現!50型もOKな壁寄せテレビスタンドレビュー
壁掛けテレビを手軽に実現!50型もOKな壁寄せテレビスタンドレビュー
最近「壁掛けテレビにしたい!!」っていうひと多いですよね! 壁に穴を開けなければ設置できないため、賃貸住宅の人や新居の人はなかなかチャレンジできなかった壁掛けテレビですが、ディアウォールやラブリコの登場によって状況が変わりました。 ツーバイ材とディアウォール(またはラ...

実機のサイズを測ってみた

さて、実際のサイズをメジャーでざっくり測ってみました。

一応メーカーの商品ページのカタログ値は『幅115.5, 高さ73.7, 奥行き23.7(cm)』となっています。

まず、横幅は115センチ。

横幅

床からの高さは73センチ。

床からの高さ

スタンドの設置部の幅は45センチ。形が六角形なので誤差ありです。

スタンド幅

奥行きはカタログ値23センチ弱でした。

ベゼル幅はだいたい3センチ程度。

いまどきの狭額ベゼルにはさすがに追いつきませんが、一般的な幅だと思います。

ベゼル幅

本体の厚さは最薄部で2.5センチくらい。

最薄部

一番厚いところは測りづらいのですが、6センチくらいでしょうか。

最厚部

壁掛けで使う時の参考に。

本体の裏面、各種端末部について

商品ページには

  • HDD用USB端子(バスパワー供給あり)
  • HDMI入力端子(2組)(HDMI2端子でDVI入力時はAV1音声入力端子兼用)
  • D4入力端子(AV1音声入力端子兼用)
  • AV入力端子
  • 同軸デジタル音声出力(AAC/PCM)
  • ヘッドフォン端子(側面)
  • LAN端子(10Base-T/100Base-TX)

といった端末が列挙されていて、そのほとんどが本体裏面に集約されています。

そんなに頻繁にアクセスする部分ではないので、問題なさそう。

本体裏面

裏面左側(つまり液晶画面側から見ると右側)に集約されていて、アンテナ端子、LAN端子HDMIの1つが裏正面、その他は裏側面に配置されています。

地デジのアンテナは「地上デジタル」と「BS/110度CS」で分かれているので、壁から取るアンテナ端子が混合アンテナの場合、地デジとBS/CSをすべて見るには分波器が必要です。

僕はコレを買いました。

これは壁からのアンテナ線2mと、分波後のそれぞれのアンテナ線が50センチずつ付いているタイプです。

アンテナ線が余っている方はもっと安く済ませられます。

別角度から、他の端子群の写真。

裏側面の端子群

AV入力端子、D4端子、HDMI端子、録画HDD用のUSB端子、B-CASカードの差込口があります。

このDN503-2B1はダブルチューナーモデルなのでをチューナーが2基搭載されています。

外付けHDDを付ければ裏番組録画もできます!

値段安いのにこういうところまでしっかりしてるのは嬉しいですよね!

そして裏面の反対側。

裏面左側

裏面の反対側には電源端子が一つあるのみ。さみしい・・・

あと壁掛け用のネジ穴も中央にあります。幅は20センチ。詳しい規格はわかりませんが。

映像設定、音声設定はかなりカスタマイズできる

さて、設置も完了したので、電源コードとアンテナ線を挿し、電源オン!

初期設定を行います。

設定画面

とりあえずOK。

設定画面

受信地域設定ですね。郵便番号を入れます。

設定画面

住んでいる地域を選択します。

設定画面

ケーブルテレビを受信できる人は「する」で。

設定画面

こういう本体の自動ソフトウェア・アップデートなんかあるんですねー。知りませんでした。

設定画面

ここらへんは後から細かくカスタマイズできますので、とりあえずデフォルトの「ダイナミック」で。

途中、チャンネル設定なんかも自動で行われたと思います。勝手にサーチしてチャンネル割り振りしてくれるやつです。

設定完了し、その画質は・・・

実際の映像

ちょっとデジカメじゃ伝わらないけど、おおむね良好!

初期設定の「ダイナミック」はバックライトの輝度も最大だったとおもうので、かなり明るいです。

残像具合は写真の通り、ちょうどバットを振り上げるところだったのでブレていますが、一般視聴では全然気になりません。なにせ倍速駆動パネルですから!

番組表はシンプル。

あまりカッコよくはないです。

というか色んな製品に使われている、よくあるタイプです。

EPG番組表

右下には小画面と、リモコンの各色ボタンにショートカットが設定されているので、普通に使えるレベルですね。

トルネとかの滑らかなやつに慣れるとちょっとストレス感じます。

画質や音質設定画面はこんな感じです。

設定画面

視聴中の番組にリアルタイムに設定が反映されていきます。

項目は結構多くて、こまかくカスタマイズできるようです。

映像設定

  • ブライトネス
  • 黒レベル
  • 色の濃さ
  • 色合い
  • シャープネス
  • 色温度
  • バックライト
  • コントラスト
  • 黒補正
  • LTI
  • CTI
  • YNR
  • CNR
  • 3次元Y/C
  • 解像度調整
  • シネマモード
  • モーション120Hz
  • モスキートNR
  • ブロックNR
  • 色温度調節

音声設定

  • 高音
  • 低音
  • バランス
  • オートボリュームコントロール
  • サラウンド
  • バスブースト
  • クリアボイス
  • ヘッドホンモード
  • ヘッドホン音量
  • 入力音量補正
  • デジタル音声出力
  • デジタル音声遅延

画面設定

  • 画面サイズ微調
  • 画面位置
  • オートワイド設定

と、これだけ詳細にユーザー設定を行えます!

ただし保存できるのは1設定分だけかな?

これに基本設定として3種類、「ダイナミック」「スタンダード」「シネマ」が用意されています。

こだわる人はユーザー設定で!

買い時は6万円台で買える今!

やはり買った翌日に2万ほど上がったヨドバシ・ドット・コムと、1万ほど上がったJoshinさんの値動きが気になります。

価格コムでも7万円直前をずっとウロウロしていて、いつ値上がりしてもおかしくない状態。

今の液晶テレビは全体的に価格がこなれてきていて、シャープのAQUOSやパナソニックのDIGA、ソニーのBRAVIAなども40型で10万円台前半で買える場合があります。

ただ、このオリオン「DN503-2B1」も機能面ではそれらに劣らず、「地デジWチューナ」「USBハードディスク録画」「倍速駆動パネル」「HDMIリンク」など十分に使えるテレビに仕上がっています。

実際にビックカメラでは実機と他メーカーとを比較することができた上で、価格の魅力も含めて購入に至りました。

本当に画質を追求する人は4Kテレビという選択もありますが、大画面テレビを安く買いたい!という方にはゼッタイオススメです。

もちろんモデルチェンジもどのタイミングで行われるかわかりませんが、6万円台で50型のフル液晶テレビが買える今が買い時だと思います。

大型液晶テレビには壁掛けスタイルが合う!!

今回50インチという大きなサイズの液晶テレビを購入しました。

せっかくだから、壁掛けテレビにしたい!!

でも賃貸なので壁に穴を開けるワケにもいかず、ディアウォールで設置するにしても、天井まで微妙にツーバイ材の長さがたりない。

そんなわけで、壁寄せテレビスタンドを購入しました。

壁掛けテレビを手軽に実現!50型もOKな壁寄せテレビスタンドレビュー
壁掛けテレビを手軽に実現!50型もOKな壁寄せテレビスタンドレビュー
最近「壁掛けテレビにしたい!!」っていうひと多いですよね! 壁に穴を開けなければ設置できないため、賃貸住宅の人や新居の人はなかなかチャレンジできなかった壁掛けテレビですが、ディアウォールやラブリコの登場によって状況が変わりました。 ツーバイ材とディアウォール(またはラ...

追記:50型は廃盤、最高サイズは40型に

2016年3月21日現在オリオン電気のウェブサイトを見ると、今はもう50型のDN503-2B1は無いんですね・・・

代わりに最大サイズは40型のRN-40DG10というのが売っているようです。

ブルーライト軽減パネル、高色彩LED、和紙素材スピーカーというのを搭載しているのがDN503-2B1とは違いますね。でも40インチかぁ・・・

50インチにこだわるのであれば、ジョワイユ、ハイセンス、SANSUI、maxzenなどが5万円〜6万円台で購入できるフルHD液晶テレビの現役モデルを販売しています。

国産50型液晶テレビのORIONが廃盤になったのは残念です・・・

国産50型フルHD液晶テレビが63,000円!ORION「DN503-2B1」購入レポート!
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!