パサパサ鶏むね肉もしっとり美味しく!ダッチオーブン超カンタン鶏むね肉レシピ

一人暮らしの味方。

主婦の味方。

それが「鶏むね肉」!!!

100グラム70円、60円、50円・・・

財布に、家計に優しいお肉。

それが「鶏むね肉」!!!

高タンパクなのに低カロリー。

筋トレやダイエットの強い味方。

それが「鶏むね肉」!!!

しかし鶏むね肉の欠点というと、その「パサパサ感」。

安くて、スーパーでいつでも買えて、カロリーも低いのにタンパク質を摂れる鶏むね肉、せっかくだからおいしく食べたい。

以前このブログでは「ためしてガッテン」で紹介されていた方法で鶏むね肉をジューシーにする方法をご紹介しました。

パサパサ鶏むね肉がジューシィに!?安い肉も美味しくなる料理ハック
パサパサ鶏むね肉がジューシィに!?安い肉も美味しくなる料理ハック
きっかけはスタパ斎藤さんのこのツイートから。 ためしてガッテン方式で鳥の胸肉焼いたら「えっ?」と声が出るくらい美味しかった、というか従来の胸肉と差があった。オススメ。ググってみてください。 — スタパ齋藤 (@stapasaito) 2015, 1月 26 ...

今回紹介するのも似た方法ではありますが、当ブログでよく登場する6インチダッチオーブンを使って、鶏むね肉をジューシーにおいしく仕上げる方法をご紹介します。

肉汁をかけるとジューシー

大事な下処理

鶏むね肉は「肉としての塊感」がすごいですよね!

ジョーシーさを出す脂身・皮がほんの気持ち程度しか付いていなくて、その他はすべて肉・肉・肉。

鶏むね肉をジューシーに仕上がるためのポイントは、下処理にある!と、僕は思います笑

下処理と言っても大したことはありません。

以下のとおり。

ミートソフターで筋切り

スジを切る、というか穴を開ける?

鶏むね肉に多数の穴を開けることで、繊維が断ち切られ、肉の塊がほろほろと柔らかくなります。

フォークなどでめった刺しにするのもありですが、とても大変な作業。

世の中にはこんな便利な道具があります。

ミートソフターは一列に刃がクシ状に並んだ調理用具。

詳細は別記事で書いているので、ご覧くださいませ。

https://feb29.org/meat-softer.html 

1センチ間隔ぐらいで穴を開けていきます。

フォークだと手が痛くなるけど、ミートソフターだとものの数秒で終わっちゃう!

塩コショーで味付け

筋切りが終わったら、味付けをしましょう。

筋切り&塩コショウ

今回はシンプルに、塩コショーで味付け。

両面にふりかけて、なじませます。

コレの他に、トップバリュのブレンドスパイスを振りかけていますが、お好みで。

酒とみりんで漬ける

ジップロックに鶏むね肉を入れて、酒とみりんで漬け込みます。

酒とみりんに漬ける

分量は・・・適当で笑

ヒタヒタになるまで入れる必要はありませんが、ちょっとジップロックの底にたまるくらいでしょうか。

酒とみりんを同量入れたら、ジップロックをしっかりと閉じて、揉み込みましょう。

鶏もも肉に開けた穴から浸透させるように、しっかりとモミモミ。

揉み込んだら、10分位置いておきます。

これで下処理完了。

ダッチオーブンで焼く

ダッチオーブンにサラダ油(オリーブオイルでも可)を少量ひいて、弱火にかけます。

ダッチオーブンが温まったら、鶏むね肉を入れましょう。

焼いていきます

油がハネる場合があるので、気をつけましょう。

肉を入れたら、フタをして弱火でじっくりと加熱します。

途中、肉をひっくり返しましょう。

途中でひっくり返す

引き続き、フタをして弱火でじっくりと焼いていきます。

ダッチオーブンはフタがしっかりと閉まるので、食材から出た水分でしっかりと蒸し焼きになります。

また、圧力鍋のような効果があるので、肉が柔らかくなります。

20~30分ほど、弱火で焼き上げます。

エキスがすごい!

完成!!

鶏もも肉から出たエキスがダッチオーブンの底にタップリと!

このエキスは後で使うので、捨てないようにしましょう。

スライスして、盛り付け

男らしくかじりついても良いですが、食べやすいサイズにカットして、盛り付けます。

中まで火が通ってる

厚さ1.5センチの鶏むね肉ステーキ。

この厚さ、というか塊にもしっかり熱が通ってるのが素晴らしい!

ほっくり!

味付けはバッチリですね。

もうちょっとジューシーさが欲しい!という場合には、先ほどダッチオーブンの下に溜まっていたエキスを使います。

肉汁を使う

これをタップリとかければ、さらにジューシーになります。

肉汁をかけるとジューシー

そのままではパサパサで飽きちゃう鶏むね肉ですが、ジューシーに仕上げることで美味しく食べることができます。

高タンパク低カロリー、お財布にも優しい鶏むね肉をどんどん食べていきましょう!!

ちなみに、僕が愛用しているダッチオーブンは、ユニフレームの黒皮鉄板を使ったダッチオーブン。6インチという1人用サイズですが、どのメーカー、どのサイズのダッチオーブンでも同じように調理できると思います。

パサパサ鶏むね肉もしっとり美味しく!ダッチオーブン超カンタン鶏むね肉レシピ
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!