一体成型、ストレスゼロフライト「CONDOR」使用感レポート

CONDOR

一体成型フライトの「CONDOR(コンドル)」を買ってみました。

実際、普通のフライトとは何が違うの?というところから触れると、一般のフライトはシャフト+フライト+リングの3ピース構造が一般的。

各パーツでいろいろカスタマイズできるしデザインを選べるのが良いところですが、如何せんバラバラに出来るということはダーツを投げている最中にもバラバラになる可能性があります。

CONDOR

一方、今回購入した「CONDOR」はシャフトとフライトが一体成型。

一体成型だからリングも必要ないので、これだけでOK。

つなぎ目もなく、またシャフト部分に「コンドルカット」なる溝がついているのでグルーピング時にイレギュラーな反発もなくなり、投げててもバラバラになる心配がない、と良いこと尽くしのようですが・・・。

使用感レポートの前に、僕の従来のダーツセッティングですが、Fitのスピンタイプ、フライトはスリム、シャフトはショートを使っています。

今回購入したコンドルも同じくショートのスリムタイプです。

ちなみにコンドルはカラーがブラックとホワイトの2種類あるのですが、ブラックはスリムタイプがないようです。

コンドル使用リポート

さて、それではレポートです。本体はちょっと柔らかめなプラスチックといった感じですね。

シャフトをセットするときに強く締めすぎないでくださいと注意書きがありましたが、確かにぎゅっと締めてしまうとネジ山が潰れてしまいそう・・・。ソフトに締める感じでセット。

投げた感じは・・・まぁそんなにすぐに違いがわかるわけもなく(笑)

30分ほど投げてみたところ、いいなと思ったのはシャフトの緩みがない点!今まで使っていたFitは毎投気にしてシャフトを締めるようにしていたんですが、コンドルは投げ続けてもしっかりシャフトが締まっています。これは確かにストレスゼロ!

形状(コンドルカット)からのメリットも理解できますので、ワンセット潰すつもりで投げ込んでみてから再レポートしたいと思います(汗)

これから購入を考えている方は、シャフト+フライト+リングの値段との差と、デザインを重視するかどうかで検討されると良いと思います。僕はホワイトを購入したので、デカールでも貼ってカスタマイズしようと思います。

ダーツのオリジナルグッズ作りました!

じゃーん!

ブルズアイのスマホリングを作っちゃいました!

これでいつでもブルズアイに指を触れていられます・・・

一応ソフトダーツのデザインで、ビットの位置なども正確に再現しました。

リングは艶ありゴールドと艶なしシルバーの二種類。

スマホスタンドにもなるので、ダーツのお供にスマホにペタッと付けてあげてくださいね!

商品詳細は上の画像をクリックorタップ!

一体成型、ストレスゼロフライト「CONDOR」使用感レポート
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!