Adsenseが急に表示されない&真っ白に!原因はセキュリティソフト

ふと、自分のサイトを閲覧していると変な空白が目につきました。

サイドバーと、目次の上と、本文の下。

そしてポツンと残る「スポンサーリンク」の文字。

ChromeだとAdsenseが表示されない

ドキッとしました。

Adsenseが表示されてないじゃん!!!

本来はここに、

ChromeだとAdsenseが表示されない

表示されているはずの広告がない!

ブログの運営費用として大事な収入源、Google Adsense・・・

まさかまさか、アカウント停止された!?

いやでも何も変なことはしていないしクリーンでホワイトな運営をしているんだからアカウントが停止されるわけない。

妙な自信を持ってAdsenseの管理画面からステータスを確認すると、やはりアカウントは正常でポリシー違反もありません。

Adsenseメニューの「設定>ステータス>ポリシー違反」から確認できます。

いろいろな環境からいろいろと探っても原因がわからなかったのですが、同様の現象に遭遇し解決された方がいて、無事に僕も解決することが出来ました。

原因はセキュリティソフトにありました!!

スポンサーリンク

MacのChrome、SafariからAdsenseが消えた

今回の事例は、Macからサイトを見たときにAdsenseが表示されないというもの。

ブラウザはChrome最新版、Safariで現象を確認しました。

スマホではAdsenseが表示される

最初に現象を確認したのはMacでChromeから閲覧していたとき。

Adsenseのアカウントは正常であることを確認し、他の環境ではどうだろうと思いスマホから同じページを表示させてみました。

スマホでは正常に表示

正常に表示されています。

他のブラウザを試してみる

スマホのChromeではAdsenseが表示されたので、今度はMac上で別のブラウザを試してみました。

もともと入っていたSafariで閲覧してみると、Chrome同様にAdsenseが真っ白です。

JavaScriptやキャッシュを疑ってみる

Adsenseの表示にはJavaScriptをオンにしていなければいけません。

Chromeの設定からJavaScriptの項目を確認すると・・・オンになっています。

関係無さそうですがキャッシュが悪さしている可能性もあるとかと思い、シークレットモードで閲覧してみました。

Chrome、SafariともにシークレットモードでもAdsenseは表示されません。

WindowsではAdsenseが表示される

これはMacが問題なのかと思い、Windowsから確認してみることに。

使ったのは最新版のChromeです。

こちらは無事にAdsenseが表示されました。

広告がブロックされてる?

これはいよいよAdsenseフォーラムに質問するべきか・・・

とその時ふと思ったのが、何かのプログラムで広告がブロックされているんじゃないかということ。

広告ブロックアプリやコンテンツブロッカーというのでしょうか。

そういった動作をするものといえばセキュリティソフトです。

そういえば、つい最近Macのセキュリティソフトのバージョンアップを行いました。

ESET Cyber Security Proというセキュリティソフトを使っているのですが、先日脆弱性が見つかり、バージョンアップをしたのです。

Mac向けバージョン 6 プログラムで報告されている脆弱性への対応状況について | ESETサポート情報
2017年3月1日現在、ESET社のWebサイト、ならびに一部メディアなどで取り上げられております、ESET製品の脆弱性への対応状況についてご案内します。 【参考】Remote executi

これは怪しいかも、ということで「ESET Mac Adsense」と検索してみると、見事解決策を提示してくれるサイトに出会いました!

それがこちらのサイト。

MacOSでESET CYBER SECURITY PROを使うとページ表示が遅くなったり不具合が起きる件 | パパママ世代応援ブログ:オニオン座
どうも、ぶんちょうです。結論から言うと解決できたのですが、Macbookに入れているセキュリティソフト「ESET」が原因でブラウザに色々と不具合が起きました。意外とネット上に情報がなく、軽く1時間ほどハマったため備忘録として記事にいたします。 ちなみにESET CYBER SECURITY PRO(イーセットサイバーセ...

セキュリティソフトの除外設定をして解決!

どうやらESETの除外設定でChromeを追加してやると不具合が直るそう。

改めて解決の手順を示すと以下のとおりです。

ESETの詳細設定を開く

Esetのアイコンから詳細設定

保護>全般を開く

全般

一番初めにある「保護」項目の「全般」アイコンを開きます。

スキャナオプションで除外設定を開く

除外設定

除外設定にChromeを追加する

アプリケーションの追加

「Webとメール」タブを選択し、セレクトボックスから「アプリケーション」を選択。

左下の「+」を押します。

Chromeを追加する

除外するアプリケーションを選択します。

今回はChromeを選びましたが、必要に応じて使っているブラウザを選択します。

設定完了

リストに追加されればOKです。

Adsenseが表示された!!

Adsenseが表示された!

設定を行ってから再度サイトを開いてみると・・・

無事にAdsenseが表示されました!!

サイト内検索も正常に動作するし、関連コンテンツも表示されます!!

良かったー!

通常使うブラウザを除外設定するのは不安

先にご紹介したサイトでも書かれていましたが、ブラウザを除外設定に追加するのはどうなのだろうと僕も思います。

ESETバージョンアップ前は正常に表示されていたので、ESETのバージョンアップ後の不具合ですよね。

Adsenseが表示されないのはあくまで自分の環境なので、他の人が閲覧する際には正常にAdsenseは表示されているはずです。

それなら、誤クリック防止のためにも、自分の環境では表示されていなくても良いんじゃないかな、なんて思ったり笑

なんにせよ、はやく元通りに戻ることを祈りつつ・・・

ほんとAdsenseのアカウント停止じゃなくて良かったよ・・・

スポンサーリンク

更新情報をお届けします!