やっぱりアップルは死んだ?新製品発表会で個人的に感じたこと

2015年9月10日、アップル新製品発表会で様々な新商品が発表されました。

事前の注目度はiPhone6sとiPhone6s Plusでしたが、いざ終わってみるとiPad Proのインパクトがすごいですね。

今回の発表会で感じたことを、メモ書きと「個人的な感想」としてつらつらと書いていきたいと思います。

iPhone6s/6s Plus

まずはiPhoneについて。

デザインについては予想通り変更なしでしたね。

「あ、それiPhone6sだね」と言われることはまずなさそうです。

微妙にサイズアップ&重量アップ

なんと前モデルiPhone6/6 Plusに比べてほんのちょっとサイズアップ&重量アップしちゃいました。

6
→6s
6 Plus
→6s Plus
画面サイズ 4.7インチ
→4.7インチ
5.5インチ
→5.5インチ
厚さ 6.9mm
→7.1mm
7.1mm
→7.3mm
高さ 138.1mm
→138.3mm
158.1mm
→158.2mm
67.0mm
→67.1mm
77.8mm
→77.9mm
重さ 129g
→143g
172g
→192g

このほんのわずかなサイズアップのせいで、いままでジャストフィットだったカバーやケースが、微妙に合わなくなるかもしれません。

最悪の場合、6/6 Plusのケースは6s/6s Plusでは使えないかも。

逆に6s/6s Plus用のケースであれば6/6 Plusでも使えそう。つまり下位互換がありそう。

Apple公式サイトで販売されているケースについては、6s用として販売されているケースの対応モデルが「6」と「6s」となっています。

6s用ケース

性能は大幅アップ!!

そして性能は大幅にアップしました!

6
→6s
6 Plus
→6s Plus
チップ A8
→A9
A8
→A9
FaceTimeカメラ 1.2メガ
→5メガ
1.2メガ
→5メガ
背面カメラ 8メガ
→12メガ
8メガ
→12メガ
動画撮影 HDビデオ撮影
→4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影
→4Kビデオ撮影
&光学式手ぶれ補正

CPU性能が最大70%アップ、GPU性能が最大90%アップと大幅に性能アップ。より快適に操作できそうです。

FaceTimeカメラ(ディスプレイ側のカメラ)は5メガに大幅アップ。セルフィー(自撮り)に強くなりました。

さらに背面カメラは12メガにアップ。これはそんなに気にしないでもいいかな。

動画撮影については4K動画撮影に対応しました!

さらに6s Plusは光学式手ぶれ補正もついたので、強力ですね。

新機能「3D Touch」

そしてハードウェアの新機能として「3D Touch」が加わりました。

今まで「画面をタップする」というものが「軽くプレス(Peek)」と、そこから「さらにプレス(Pop)」という2段階の操作ができるようになりました。

iPhone 6s
オンライン、またはお近くのApple Storeで今使っているスマートフォンを下取りに出すと、iPhone 6sへアップグレードできます。シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの中から選択可能。オンライン、Apple Store共にSIMフリー端末をご用意。

ひょっとしてコレのせいで厚さがアップしたのか!?

この3D Touchについては実はAndroidでは既に発表済みの機能で、HUAWEI Mate Sの「Force Touch」というのがあります。

“Force Touch”搭載の「Mate S」、感圧タッチでスマホ操作はこう変わる (2/4)
新型iPhoneにも搭載されるとうわさの「Force Touch」(感圧タッチ)技術を搭載したHuaweiの「Mate S」。同社のリチャード・ユーCEOが新しいタッチ体験の一端を披露した。

言いたいのはどっちが先かという話ではなくて、今後この感圧タッチが主流になっていくのかなぁという点。

正直なところ、より操作が複雑になるという点で歓迎できません。

だって今のシングルタップで十分機能しているし、ITリテラシーの高い人はすぐ使いこなせるだろうけど、そうじゃない人は「うわ、なんか変な動作した!」ってなるのが想像できます・・・

iPad Pro

噂されていた大型iPadが「iPad Pro」として発表されました。

そのサイズは12.9インチ。

Macbookより画面サイズが大きい!!

スタイラス&フルサイズキーボード!

天国の彼はどう思っているのかな?

ついにiPadにスタイラスが登場です。

その名は「Apple Pencil」。iPad Pro専用のスタイラスペンです。

動画を見る限り、かなり良さそう。

大画面にスタイラスで直接イラストや文字が書けるのは、非常に魅力的。

まぁ使っている人が上手いので自分もこんな上手に描けちゃうかも!?って錯覚しちゃってるんだけど笑

試してみたいけど、気軽に試せる価格じゃないんだよね・・・

iPad Pro専用のキーボードも発表されました。

「Smart Keyboard」と呼ばれるキーボードはペアリングも不要、コネクタもない、さらに充電すら不要というなんとも未来なキーボード!

もちろん、このキーボードはカバーにもなります。

Smart Keyboard

ダセェ。

Appleどうしたと言いたくなるくらいカッコ悪い。ショック過ぎる。

個人的な感想

なんか年々アップルがカッコ悪くなっている気がします。

僕はApple信者というわけではないですが、iPhoneもiPadもMBAも使っています。

ヌルヌルとした使い心地と反応の良さはiPhoneならではでしたが、いまはAndroidも同レベルにまで向上しています。

そしてApple製品からはシンプルさも失われた気がします。

今回発表された「3D Touch」もAndroidと差別化には至りません。

iPad Proも、もろにSurface Pro 3を意識しているのでしょうか・・・

ただ、Surface Pro 3はWindows10なのでノートPCの代わりになりますが、iPad ProはiOSなので、そのままノートPCの代替には厳しいかもしれません。

ノートPCの置き換えをするつもりならMBAを買ったほうがお値段的にも良いですね。

Appleが誇っていた圧倒的なカッコよさが戻ってくることを願います。

やっぱりアップルは死んだ?新製品発表会で個人的に感じたこと
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!