109cm~200.5cmまで伸縮できるベッドが狭い部屋や子供部屋にピッタリ!

すごいベッドを発見しました!!

発見したと言うか、Facebookのフィードに広告として流れてきたんだけど笑

良いものを見るとすごくドキドキするんですけど、今まさにその状態です。ヤバイ!

そのベッドと言うのがですね。

『POSH(ポッシュ)』というパイン天然木を使った伸長式ベッド。

伸長式ベッドって聞き慣れませんよね?

多分このジャンルは商品が少ないんだと思います。あまり見かけないし。

要はベッドの長さが変えられる、というもの!

折り畳みベッドじゃないですよ?あれは折りたたんだ状態でベッドとして使えません。

長さを変えてもベッドとして使える。

つまり・・・

子供が成長して大きくなっても使えるベッドがほしい!

通常の200センチのベッドが微妙に大きくて置きたいところに置けない!

部屋が狭いからちょっとでも部屋を広く使いたい!

と言った子育て事情や日本の住宅事情にもぴったりなベッドなのです!!

これが伸縮できる木製ベッド「POSH」!

これが伸縮できるベッド『POSH』です!

上の画像の左下が縮めた状態、右下が伸ばした状態です。

もちろん、半分まで伸ばして使うことも可能。

カウチソファ、子供用ベッドとして

縮めた状態では最小サイズが109cm。

幅が107.5cmなのでほぼ正方形となります。

ちょっと腰掛けるソファとして使えるし、部屋も広くなります。

就寝時はベッドサイズに

寝るときには引き伸ばして長さ200.5cmに。

シングルベッドサイズになります。

布団を乗せたまま伸縮させられるので便利です。

マットレス使用時は伸縮できませんが。

どうやって伸長してるの?

スノコが組み合って伸長する仕組み。

ベッドの脚にはキャスターが付いているわけではないので、伸縮時に床を傷つける心配もあるかと思いきや、女性一人でも簡単に新調できる軽さとのこと。

ベッドフレームのサイズ

一般的なシングルベッドのサイズが幅100cm、長さ200cmなので、伸長時はほぼ同サイズ。

床面の高さがあまりないので、ベッドのしたに収納したい人にはちょっと物足りないかも?

セパレートソファベッドから乗り換える?

ベッドは家具の中でも大きなものなので、購入する時は慎重になりますよね。

僕も部屋が狭いので、なにか良いベッドは無いかと探し回って、たどり着いたのはセパレート型のソファベッドでした。

片方だけソファとして

これはこれで素晴らしいんです。

半分に分割できて、それぞれがリクライニングできて、対面ソファにもカウチソファにも出来ちゃう。

でも、どうしても200cm×100cmの場所を占有してしまう!!

この呪縛から解き放たれるには、もう伸長式ベッドしか無いのです!!!

本気で悩んでます。色もナチュラルで好きだし。

っていうか70センチ×3分割だったら最高だった!

2つが伸縮して幅100cm×長さ70cmのソファになって、のこり1つがオットマンになるの。

あれ、なんかめっちゃいいアイディアじゃない?これ自分で作ったほうが良い・・・?笑

アイリスオーヤマさんあたり、作らないかな?笑

109cm~200.5cmまで伸縮できるベッドが狭い部屋や子供部屋にピッタリ!
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!