NEEWERマイクアームをレビュー!ポップガード&スマホホルダー付の実力は?

マイクアーム設置例

先日ソニーのコンデンサーマイク「ECM-PCV80U」を買ったんです。

メルカリで1350円という破格で購入して浮かれてたんですが、付属の卓上スタンドだとちょっと低すぎて使いづらい。

ネットでいろいろ見てみるとマイクスタンドやマイクアームを使ってる人が多いようで、せっかく安くマイクも買えたので浮いたお金でマイクアームを買ってみました。

今回買ったのはNEEWER(ニューワー)という中国ブランド(多分中国、代表者名が王軍となってた)の商品です。

amazonでは似たようなマイクアームが幾つか売っていますが、プライムマークが付いていること、ポップガードが付いていること、価格が安いことからNEEWERを選びました。

さっそく開封して設置してみたので、レビューとともにご紹介します!

提供商品ではなくて、自腹購入です。

NEEWERマイクスタンド(マイクアーム)

この商品はモニターアームのように、デスクのフチにクランプで固定するタイプです。

省スペースで便利ですが、ガラス製のデスクなどだと怖くて使えないですね。

内容物について

NEEWER マイクスタンド

コンパクトなパッケージで届きました。写真のお姉さんが可愛い。

左下の囲みのぐちゃっとしたやつ、何かわかりますか?

説明書です笑

どんだけ急いでいたのか・・・説明書と言っても、見なくても組み立てられると思います。

NEEWERマイクスタンド内容物

内容物はこんな感じです。

上から時計回りに、

  • マイクアーム本体
  • スマホホルダー用フレキシブルアーム
  • ポップガード用フレーム
  • マイクホルダー
  • スマホホルダー
  • ポップガード
  • クランプ

です。

傷の状態は・・・

それぞれのパーツはビニールに包まれていて、傷がつかないようになっていました。

傷があります

とはいえ、傷だらけなんですけどね。

いくらビニールに包んであっても、包む前から傷だらけでは意味がありません。

でもまぁ全然問題ないです。価格から想定の範囲内ですよね。

組み立てるとこのような感じに

組立全体像

全部組み立てるとこんな感じになります。

各部のネジはそこそこしっかりしていて、ギュッと締め付けてもネジがバカになることもありませんでした。組立精度も許容範囲内です。

マイクアームを設置してみた

さて、組立が終わったので、実際にデスクに設置してみましょう!!

デスク前面に設置

マイクアーム設置例

まずはデスクの前面に設置してみました。

マイク付けるの忘れました・・・

ちょっと近いかなー。

アームを折りたたんで、マイクだけこっちに向ければ使えそう。

デスク背面に設置

マイクアーム設置例

こちらはデスクの背面に設置した例。

こっちのほうが距離的にも合ってるかな?

マイクアーム設置例

iPadを飛び越えるようにマイクが口元に来ます。

マイクアームならでは!!

マイクアーム設置例

壁との隙間は5cmくらいあれば設置できます。

これだけ伸ばしても下がってくることはありませんでした。

壁際設置の注意点

マイクアーム設置例

ただ、壁際に設置するとアームを完全に折りたたむことができません。

折りたたむとアームが後ろにせり出すので、20cm位スペースが必要です。

バネが干渉する

スペースがない状態で無理に折りたたむと、ネジ固定用のハンドルがバネと干渉してしまいます。

バネがちょっとチープな感じなので、あまり余計なダメージは与えたくないところです。

なので、結局前面設置に戻しました。

PCV80Uを付けてみた

さて、マイクを付けたときにどうなるのか、見てみます。

今回使うマイクはソニーのコンデンサーマイク「ECM-PCV80U」、これにキクタニのウインドスクリーン WS-L ブラックを装着します。

ポップガード(ポップブロッカー)との距離は?

マイク設置例

ポップガードは前後にある程度距離を調整可能です。

左上が一番マイクに近づけた状態。2cmほどの距離です。

右上は一番離した状態。8cmほど。

下はウィンドスクリーンを装着して、一番離した状態。7cmほどの距離となりました。

ウィンドスクリーンを付けるとポップガードのフレームにギリギリあたりますが、特に問題はなさそうです。

マイクのスイッチも入れやすい

ポップガードは調整可能

マイクホルダーはゴム枠に差し込むタイプで、3.5cmくらいの太さのマイクなら使えそうです。

ホルダーに大きく穴が開いているので、マイクのスイッチもらくらくです。

コードガイドは無し

マイクのコードをマイクアームに括り付ける機構はありません。

ベルクロ(面ファスナー)を別途用意する必要があります。

無くても問題無さそうです。

スマホホルダーの使いみち

おまけ程度かな、と思ったら意外としっかりしていたのがスマホホルダー。

フレキシブルアームはかなり強度があり、重たいスマホでもガッチリ支えてくれます。

クランプ部分もしっかりスマホを挟み込みます。クランプとアームの接続は自由雲台の用になっているのですが、ここはちょっと弱いかも。

また、その頑丈さから、重量もあります。

マイクアームを伸ばして使う際には、この重量が仇となりそう。

また、マイクコードの取り回しに邪魔になるので、結局使わないことにしました。

まとめ

ポップブロッカーとスマホアームも付いて、約1,600円という破格のマイクアーム。

普通ポップブロッカーだけでも1,000円くらいしますもんね・・・

で、そんな破格な商品だから作りもヤバイだろうと思ったら、それほど悪くもない。

強度的に不安な部分もあるけど、動かすときも両手で丁寧に扱えば、そこそこ使えそうです。

とりあえずマイクを口元にハンズフリーで固定できればOKということで、ポップガードも付いているしお試しで買ってみました。

長く使えれば御の字です。

壊れたら・・・この記事で報告しますね笑

NEEWERマイクアームをレビュー!ポップガード&スマホホルダー付の実力は?
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!