エプソンの互換インクなら「エコリカ」がオススメ!純正インクに近い品質と丁寧なサポートが好印象

確定申告の受付が始まりましたね!

ワイドショーでも高橋英樹さんが今年も初日に受付を済ませたということでテレビに出ていました。

そして僕は、今回初めての確定申告!

申告書の作成は会計ソフトfreeeを使って何とかできました。

さて、郵送するために申告書を出力・・・

と思ってプリンタを立ち上げると「インクがありません」の表示。

使いたいときに限って使えないのがプリンター!プリンターあるある!

というわけで、今回はプリンターのインクの話。

純正インクは高い!

年賀状シーズンくらいしかプリンターを使わない人も多いと思いますが、プリンターのインクって使わなかったらノズルが詰まったり、インクがなくなったりしますよね。

そしていざプリンターのインクを買いに行くと、その値段の高さにびっくりします。

6色で5,000円って!!

下手したらインクを2回変えたらプリンター買えちゃう!

そう、プリンターは本体価格が安くて交換インクが高い。そういうビジネスモデルなのです。

プリンター各社も純正インクしか使えないようにICチップなんかをインクカートリッジに搭載して、偽物を使えないようにしています。

それでもやっぱり、高いよなぁ・・・

そんな時は互換インク!

そう、世の中には「互換インク」というものがあるのです!

量販店でも見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

純正インクに並んで、ちょっと安めのインクが売っているのを。

でも互換ってなんか不安・・・プリンタ壊れたら困るし・・・

僕もそんなふうに思っていたのですが、背は腹に変えられない、互換インクを購入してみました!

購入したのは「エコリカ」というメーカーのエプソン互換インクです。

エコリカのインク

「押」が「PUSH」となっているのがエコリカの互換インク。

イエロー、ブラック、マゼンタ、ライトマゼンタがエコリカです。

ICチップ搭載、動作確認済み

ドキドキしながらインクカートリッジを交換してみました。

と言ってもカートリッジの形状は純正と同じなので差し替えるだけなんですが。

エコリカのカートリッジに差し替えて試しに印刷してみると・・・

お、純正とあんまり差がないんじゃないか!?

写真用紙に綺麗な画像を印刷したわけじゃないので細かい違いまではわかりませんが、通常のコピー用紙で済んじゃうような印刷には全然使える!

認識しないトラブル

と、ここまでは去年あたりの話。(確定申告は初めてです)

実はすでにエコリカユーザーなのです笑

何色かをエコリカに差し替えましたが、ぜんぜん問題無いですね。

ところが、今回マゼンタを変えたところ、プリンターがカートリッジを認識しませんでした。

何度か抜き差ししても改善されず「やっぱ互換インクだからハズレもあるのかな」と諦めかけたのですが、念のためサポートに電話してみました。

するとオペレーターの女性が「ICチップの接点を柔らかい布で拭いて、再度試して頂いてよろしいですか?」と。

電話をつなぎながら試すことを了承してもらって、メガネ拭きで拭いてからカートリッジを挿して見ると・・・

無事に認識した!

オペレーターは丁寧にも「お手数をお掛けして申し訳ございません」「不具合がございましたら交換させていただきますので」と言ってくれました。

これだけ丁寧なサポートをしてくれるのは好印象です。

この件で僕のエコリカに対する評価は「安い・丁寧・品質問題なし」というものになりました笑

量販店で買うよりアマゾンが安い

今回はビックカメラで購入したのですが、実はアマゾンのほうがお買い得です。

実はビックカメラでの販売価格は約800円。

純正が約1,000円なのであまりお得感がありません。

しかしアマゾンであれば565円で購入できます。

純正の約半額で購入できるとあればお得感がありますね。

合わせ買い対象商品なので、何かのついでに買っておくとよいでしょう。

ちなみに、もっと激安互換インクをお探しの方は・・・

プリンタ純正インクよりAmazonで激安互換インク購入をおすすめする理由
プリンタ純正インクよりAmazonで激安互換インク購入をおすすめする理由
11月に入り、そろそろ年賀状のことを考える季節になりました。 一年のうちで、ご家庭のプリンターが一番活躍する時期ですね! むしろ、この時期しかプリンターを使わない!という方もいらっしゃるかもしれません笑 しかし、久しぶりにプリンターの電源を入れてみると・...
エプソンの互換インクなら「エコリカ」がオススメ!純正インクに近い品質と丁寧なサポートが好印象
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!