ふとみ銘泉万葉の湯、日帰り温泉とアカスリ体験をしてきました

当別の名湯、ふとみ銘泉が生まれ変わった!

ふとみ銘泉、古くから当別にあった美肌の湯として有名な温泉ですが、なんと今年、いつのまにかリニューアルしていました!

その名も「ふとみ銘泉万葉の湯」!

東京、博多、横浜、神戸と各地に万葉の湯を展開する「万葉倶楽部」と一緒になったんですね。

小雪降る中、車でさくっと行ってきました。なかなか良かったので美肌の湯レポートします!

[adsense2]

この露天風呂、なかなかの風情

今回はまるっきりの手ブラ、日帰り入浴でお邪魔したんですが、料金はバスタオル、フェイスタオル、館内着(浴衣かズボンタイプ)のセットで1,310円でした。土日祝日の大人料金ですね。平日だともっと安いし、タオルや館内着を無しにすることもできた、はず。あんまりよく説明聞いてませんでした笑

アカスリもあったので、専用の受付(フロントの横)で50分コースでお願いしました。何時頃から開始するかを決めて、浴場へ向かいます。アカスリについては後ほど。

さすがにリニューアルしたばかりなので風呂場は綺麗、そしてこのふとみ銘泉、露天風呂からの景色が良い!

なんと遠く札幌の夜景が一望できるのです。高さ的には平地なので見下ろすような角度にはなりませんが、遠くに夜景を見ながら露天風呂なんてなかなか良いもの。閑静な住宅街にあるので静かで落ち着けるし、近くを通る列車や踏切の音も風情があって良いです。

しかもこの日は結構雪が降っていて、今シーズン初の雪見風呂。空気の冷たさとお湯の温かさがとても気持ちよかったです。これでお酒でも飲めたら最高だったんですが車だったので・・・の前に一人だったので笑

アカスリもしてきました

最近温泉に行くと必ずやっているアカスリ。

今回もしっかりとアカスリをしてもらいました。

でも、ふとみ銘泉のアカスリ、浴場のど真ん中にあるの!

事前にサイトで浴場の間取りはチェックしていたんだけど・・・・

サイトでは5番がアカスリスペース。てっきり壁で隔離されているんだと思っていました。

ところが実際は2番の右側に衝立で作られたスペース!

いちおうスリガラスになってるんだけど、浴場のどまんなかにあるのでさすがに落ち着けない〜!

ちなみに、1番が更衣室、2番の丸いとこが泡風呂、3番が露天風呂、4番がサウナ、5番がアカスリ・・・ってなってるけど5番のスペースはなかったような。

アカスリ自体はすごく気持ちよかったです。今回はアカスリとオイルのセットを頼んだんだけど、オイルは3種類くらいから選べました。たぶん香りの違いだけだと思うけど。

ベッドは2つ。並べておいてあるので時間がかぶったら気まずいですね。

まぁ、時間かぶったんですけどね。変なおっちゃんと一緒に開始しました笑

ガトーキングダムと違って、専用のパンツに履き替えます。パンツというか・・・Tバックみたいなやつ。逆に恥ずかしいヤツ。

ふとみ銘泉のアカスリはポイントカードもあるので、リピートする人はオススメです。

再び、温泉の話

最初にも書きましたが、ふとみ銘泉は「美肌の湯」として有名です。

実際に入ってみるとわかるのですが、肌がすべすべになる!

それはもちろん泉質によるもので、ふとみ銘泉の泉質は弱アルカリ性。

札幌市に隣接する、豊かな自然に囲まれたベッドタウン太美町。このまちに豊かに湧くのが天然温泉「ふとみ銘泉 万葉の湯」です。弱アルカリ性の泉質は「美肌の湯」と呼ばれるほど、しっとりと肌を包み込みます。開放感と澄み切った空気、良質な温泉が五感をいきいきとリフレッシュさせます。札幌駅から、JRでも自動車でも45分。都会のこんな近くで温泉旅行気分が味わえます。どうぞ、からだの芯まで温まってください。

美肌になりたい方はぜひふとみ銘泉へ!

てか、ほんと露天風呂おすすめ。特に夜!

ふとみ銘泉万葉の湯、日帰り温泉とアカスリ体験をしてきました
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!