ユニフレーム ネイチャーストーブで小枝焚き火をやってみた!アウトドア初心者の女の子でも簡単に焚き火ができるスゴイアイテム!

小枝とストーブ

本当に「ティッシュ2枚」から火を起こせるのか!?

ユニフレームのサイトでネイチャーストーブの動画を見てから、どこで記憶がこんがらがったのか「ティッシュ2枚で火が起こせる」という認識を持ってしまい、それを実践してみました!

一応、ユニフレームのネイチャーストーブ紹介動画はこちら!

ティッシュがんがん使ってますね!笑

早速難関、小枝がない!

今回はですね、上の動画と同じく小枝で焚き火をしようという企画だったので、小枝が必需品だったのです。

が。

こんな住宅街のまっただ中。なかなか小枝なんてないわけで。

ちょっと考えて「あっ」と思いついたのが近所のでかい公園。公園中が大きめの木で覆われているので、きっと小枝もあるはず!と思って小枝を拾いに行きました。

予想通り、公園の至る所に小枝。嬉々としてビニール袋に入れていきます。

まぁその帰り道、なんでビニール袋いっぱいの小枝を持って住宅街を歩いているのか、疑問に思わなかったわけではないですが。

で、コレ!

小枝とストーブ

ネイチャーストーブと小枝。足が反射して写ってますね笑

それでは早速。

ティッシュ2枚

ストーブにティッシュを2枚入れます。

一枚はクシャッと丸めて、もう一枚はそれを包むようにして、ティッシュの端をストーブに開いている丸穴から出します。

ファイヤ!

点火!!

急いでたのでピントが合っていません・・・

火が移り・・

中のティッシュから小枝(一応セオリー通りの形に組みました)に火が燃え移ります。

チラ見

窓からチラ見。ネイチャーストーブLには薪追加用の小窓がついています。

きたきた

だんだんと火が移り、大きな炎になってきました。

小枝が湿気ってた

だいぶ火が回って来ました。

一部小枝が半乾きだったので、白い煙がもくもくと・・・

大きな炎に!

ぼわっ!

いつの間にか大きな炎に成長!

若干薪も追加しています。

小枝ばかりなので数分で火が収まって来ました。

鎮火

炭になりました。

熾火の状態なので、乾いた小枝を追加してあげると、また燃え出します。お見事!

結論、ティッシュ2枚で火が起こせた!

ネイチャーストーブは本当に簡単に火が起こせます。

なぜこんなに簡単に火がつくのか。これはチャコールなどと同じく「煙突効果」により空気の上昇気流が発生するため。

特にユニフレームのネイチャーストーブは底面に仕切り版が十字についていて、四方からくる風をすべて上向きの風に変えてくれます。

なので、ガンガン空気を取り込めるため、簡単に火がつくんですね。

もちろん、ネイチャーストーブLはサイズが大きいので炭熾しとしてチャコールがわりにも使えます!

また、ススがついても構わないなら、ネイチャーストーブの上に鍋やヤカンをおいて調理もできちゃいますよ!

これひとつでいろいろ活躍できそうです。

※モデルチェンジしてLサイズには五徳が付きました!

ユニフレーム ネイチャーストーブで小枝焚き火をやってみた!アウトドア初心者の女の子でも簡単に焚き火ができるスゴイアイテム!
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!