子供も喜ぶ!ベーコン&ウィンナー&じゃがいものアウトドア系男子飯

子供も喜ぶ!ベーコン&ウィンナー&じゃがいものアウトドア系男子飯

実家から貰ったじゃがいもがちょこっとだけ残っていたので・・・

ダッチオーブンを使った超簡単・超手抜き料理を作る!!

基本「切る」「入れる」「火にかける」で完成するダッチオーブンなので、誰でも作ることが出来る、はずです。

今回作るのは市販の「薄切りベーコン(肉)」と市販の「あらびきウィンナー(肉)」と「じゃがいも(芋)」を蒸焼きするだけの「ベーコンとウィンナーとポテトの蒸し焼き」!!!

料理名考えるのって難しいよね・・・

ダッチオーブンを使ってるけど、キッチンで作れるので興味ある方はトライ!!

スポンサーリンク

材料などなど

改めて、1人分の材料をご紹介。

  • じゃがいも・・・一口大にカットしたものを5個
  • 薄切りベーコン・・・5枚(じゃがいもと同数)
  • 粗挽きウィンナー・・・5本
  • ブラックペッパー
  • マジックソルト(or粗塩or岩塩)
  • フレンチドレッシング(orオリーブオイル)

それと、ダッチオーブン、底網、アルミホイル、爪楊枝。

細かく書いたけど、食べたいだけ用意してください笑

ダッチオーブンに入るくらいで!

作り方

じゃがいもを一口大に切ります。

じゃがいもを一口大にカット

家にあったのはもともと小さかったので・・・

親指と人差指で輪っかを作れるくらいの大きさ?一口大です。

ベーコンで巻いて爪楊枝に刺す

ベーコンを巻いて爪楊枝でまとめる

ココポイント!

ぶっちゃけ、刺しても刺さなくてもいいです!!

でも刺したほうがアウトドアっぽいです。食べやすいし。

逆に小さいダッチオーブンだと融通がきかなくて場所取ります。

家で作る時は電子レンジでじゃがいもを加熱したほうが爪楊枝を刺しやすいかも。

お子様に手伝ってもらう時は怪我しないように注意!!

じゃがいもの代わりにウィンナーにベーコンを巻いて刺しても良いかも。

むしろソッチのほうが良いかも。

ダッチオーブンに入れて調味料をふりかけます

ダッチオーブンに投入

ダッチオーブンには底網を敷いて、アルミホイル2枚重ねで皿を作ります。

大きいダッチオーブンだと大変かもしれませんが、頑張って。

ここにじゃがいも、ベーコン、ウィンナーを投入!!

なるべくじゃがいもは下の方が良いかな?写真は上に乗ってるけど気にしないでね!

調味料をざっと振りかけて、フレンチドレッシングをさっとかけて、フタをします。

このまま弱火でジックリ過熱!

フタの隙間から蒸気がでるくらいで完成です。

じゃがいもにクシを刺してみて、スッと通ればOKです。

完成!!

焼き上がり

なんとも手のかからない料理が完成しました!

これはなんだろう、玉ねぎとか入れたらジャーマンポテトになるのかな?

コンソメスープで作ればポトフになったのかな?

とりあえずこんなワイルドな料理で、アウトドア用の一品としていかがでしょうか?

串に刺したの意味ないね、とか言わないで。

一応、ほら。

パクっと一口!

もちベーコンみたいでしょ?笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
LINEスタンプ発売中です

LINEスタンプ発売中です

この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!