爆速AFミラーレスのソニーα6000を50,000円で買う方法

SONY α6000

爆速AFのα6000がこの価格で買える!

ついに買ってしまいました、SONYのα6000!

SONY α6000

つい先日、下位機種のα5000の後継機種であるα5100が発売されたのですが、こちらもまだまだ現役、発売当初から話題だったAFの早さは、一度体感すると病みつきになります。

そんなα6000なのですが、なんと、50,000円で購入できてしまったのです!

いや、買おうと思えば今でも購入できます!(2014年10月現在)

買おうかどうか悩んでいるあなた!ぜひこの記事を読んで、購入の検討材料にして下さいませ!

スポンサーリンク

α6000の相場は?

まだまだ現役のミラーレス一眼であるSONY α6000ですが、Amazonや楽天の価格は2015年10月末時点でこのような感じです。

ボディのみでこの価格です。標準レンズ付きの「パワーレンズキット」だと約70,000円、「ダブルズームレンズキット」だと90,000円ちかい感じですね。

今回、僕はこの「ボディのみ」の商品を50,300円で購入しました。

α6000 ボディのみ

もちろん新品です!

これをドコで買ったかというと、みなさん感づいているかもしれませんが「カメラのキタムラ」のネットショップで購入しました!

サイトを確認すると「カメラのキタムラだってボディ単体で62,000円じゃん」と思われるかもしれません。

しかし、カメラのキタムラでは「カメラの下取り」をやっているんですね。このカメラの下取りは、カメラ購入時に古いカメラを●●円で下取りしますよ、というものです。新しくカメラを購入される方はなんだかんだ要らないカメラが出てくると思うので、下取りに出さない手はないですよね。

で、今回注目すべきは「下取りの価格」なのです。

なんと、SONY α6000を購入すると下取り価格として12,000円値引きされるのです!(2014年10月時点)

この金額、同じSONY α6000のズームレンズキットだと6,000円引き、ダブルズームレンズキットだと10,000円引きと、なぜかボディ単体が一番値引きされます。

さらに、カメラのキタムラの下取り対象製品(こちらが下取りに出す不要になったカメラなど)がスゴイのです。なんと、

・コンパクトデジタルカメラ・デジタル一眼レフカメラ
・フィルム一眼レフカメラ・フィルムコンパクトカメラ
・ビデオカメラ・交換レンズ
※壊れたカメラでも構いません

なんとコンデジや一眼レフの他にもビデオカメラ、交換レンズ、さらには壊れたカメラでも下取りしてくれるのです!!

つまり、自分が下取りに出すカメラがなくても、知り合いや友達から古くて使わないデジカメなんかを1000円位で譲ってもらえば、12,000円の値引きが受けられるということです。※インスタントカメラやおもちゃのカメラ、シリアルナンバーのないものは下取りしてくれません。

浮いたお金で単焦点レンズやマクロレンズを買う!

今回通常価格62,000円の商品を50,000円で購入することが出来ました。

Amazonで購入した場合と比べても8,000円もオトクに購入することが出来ましたが、当然ボディ単体なのでレンズを買わなければなりません。

もちろん最初からズームレンズキットを買っても良いと思いますし、本来付いてくるはずのレンズを単品で買っても良いと思います。

でもですよ、せっかくレンズ交換式のデジカメですから、レンズキットで買えないレンズを買ったほうが良いと思うんですよね。

標準で付いてくるズームレンズも汎用性が高くて良いと思うのですが、コンデジからミラーレス一眼に買い換える人ならばそれなりにカメラを楽しみたいと言う人なはずです。

カメラが好きな人のブログなどを読んでいると、標準ズームレンズの次に揃えたいレンズとしてあげられるのが「単焦点レンズ」です。

単焦点レンズというと使いづらいと思う人もいると思いますが、大きなボケを得たい、明るい写真を取りたいと思ったら一度は試してほしいレンズです。

料理の写真や子供の写真なんかが美しく撮れますよね。

僕はこの単焦点レンズと悩んだ結果、マクロレンズというものを買いました。

こっちは接写ができるレンズですね。

このレンズは撮影対象から数センチのところまで近づけるので、花などの撮影に使われますが、僕は熱帯魚が撮りたかったのでこのレンズを購入しました!

こんなふうに撮りたいものによって購入するレンズは変わってきますが、例えば上記のマクロレンズは接写だけではなく普通の撮影も可能(ズームは出来ないけど)なので、最初の一本としても全然問題がありません。

標準のズームレンズでは撮れない写真が撮れるので、カメラがもっと楽しくなると思います。

上記の2本のレンズは、価格も20,000円以下と、比較的購入しやすいレンズです。ぜひ、コンデジでは撮れない一眼の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか!

・・・実は最近のコンデジはマクロ撮影に強いんですけどね笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
LINEスタンプ発売中です

LINEスタンプ発売中です

この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!