アッテの里親募集が大幅強化!魚類や昆虫も有償取引禁止に。植物は?

アッテの里親募集が大幅強化!魚類や昆虫も有償取引禁止に。植物は?

先日7月25日にアッテ(atte)の里親募集ルールが変更されました。

大まかに言うと、動物の譲り渡しに際して一切の費用請求、金銭の受け渡しを禁止します、ということ。

それまでは「哺乳類、爬虫類、鳥類」が対象だったのですが、今回は動物の種別に関わらず、一切の費用請求が禁止となりました。

動物の種類に問わず、というのがちょっと曖昧だったので、アッテに問い合わせてみました。

魚類や昆虫も対象となる?

まず気になったのは熱帯魚などの魚類や、クワガタやカブトムシと言った昆虫も対象になるのかということです。

犬やネコなどと違って、オスメス同居させておけば勝手に増えてしまう場合もあるこれらの生物も、有償での取引は禁止なのでしょうか?

メルカリアッテ事務局からの回答はこうでした。

このたびの里親募集におけるルール変更は、魚類、昆虫等の種別に関わらず、対象となりますので、無償での募集をしていただきますようお願いいたします。

魚類や昆虫についても有償での取引は禁止となるようです。

種別を問わず、とかかれているので、アクアリウムで取引の多いエビや貝などの生体も禁止かと思われます。

植物は対象となる?

では、植物はどうでしょう?

観葉植物や水草なども生体として取り扱われるのでしょうか?

メルカリアッテ事務局からの回答メールにはこうありました。

※植物については、含まれません。

これは確かに、よく考えれば「動物」と「植物」は別物でした笑

なので、観葉植物や水草などについては今まで通り有償で取引OKなようです。普通に金額を入れて出品してOKということですね。

魚類・昆虫類には譲渡契約書は不要(任意)

哺乳類や爬虫類、鳥類については原則譲渡契約を締結する必要があります。

ただし、「魚類や昆虫類についてはその限りではない」とアッテの使い方ガイドに明記されています。

※動物愛護管理法の適用外となる動物(魚類や昆虫類など)につきましては、任意となります
マイメニュー>使い方ガイド>里親募集について

動物愛護管理法の適用となる動物(哺乳類・爬虫類・鳥類)については譲渡契約書が義務化されていますのでご注意ください。

動物愛護管理法の概要は以下から確認できます。

環境省_動物愛護管理法 [動物の愛護と適切な管理]

譲渡契約書なんて作ったこと無い!という人は、メルカリアッテ事務局が契約書サンプルを用意してくれていますので、そちらを参考にしましょう。

マイメニュー>使い方ガイド>里親募集について
開けない場合は以下のリンクにあります。
https://www.mercariatte.com/files/pdf/guides/animal_protection_ja20170725.pdf

メルカリではどうなる?

アッテでは里親募集について明記されていますが、メルカリではどうでしょうか?

メルカリでは禁止されている出品物として

生き物、希少動物の部位を用いた商品

と記載されています。

記載としてはこれだけですが、「生き物」という大きな括りにしているので動物は出品禁止だと思われます。

植物については対象カテゴリがあるのでOKなのかな?出品もされてるし。

  • インテリア・住まい・小物>植物/観葉植物
  • その他>魚/水草

有償での譲り渡しならジモティーという方法も

このようにアッテでは哺乳類・爬虫類・鳥類に加えて魚類・昆虫の有償取引も禁止となりました(多分両生類も)。

生体ということで直接取引がメインだと思いますが、直接取引であればジモティーで募集する方法もあります。

ジモティーでも里親募集カテゴリがあり、哺乳類・鳥類・爬虫類については無償取引のみとなりますが、それ以外は有償取引もOKです。

※昆虫・両生類・魚類などは有償譲渡が可能。(「里親募集」は無償譲渡を行うカテゴリの為、有償の場合には「売ります・あげます」カテゴリの「その他」に投稿してください。
出品禁止物ガイドラインより引用

ルールを守って利用しましょう

生き物を飼うというのはとても責任のあることだと思います。

「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)という法律が定められているくらいですから、飽きたらポイ、というわけにもいきませんし、飼った生き物が他人や環境に迷惑とならないよう管理する責任もあります。

どうしても理由があって育てられなくなった、と言う場合はアッテやジモティーで里親を募集し、必要に応じて譲渡契約書を締結して譲り渡しを行いましょう。

あとがき

僕も熱帯魚を飼っているので、今回のアッテの里親募集ルール改定が気になり問い合わせをしてみた次第です。

熱帯魚は飼えなくなったからと言って川に流したりするのは禁止です。

生態系に影響がでますし、一人の身勝手な行動でアクアリウム業界に大きな規制がかかるかもしれません。

飼えなくなったら里親募集をしたり熱帯魚屋さんに引き取ってもらえるよう交渉をする、それでも譲り渡し先が見つからないようであれば、殺処分という決断も必要かと思います。

動物の「愛護」と「管理」、飼い主としての責任をしっかりと持ちましょう!!

メルカリやアッテ、ジモティーについてリポートなどなど書いていますので、興味があればご覧ください!

【ジモティー】こんな相手は気をつけろ!ジモティーで出会ったヤバイ奴ら
【ジモティー】こんな相手は気をつけろ!ジモティーで出会ったヤバイ奴ら
無料ゆえに変なユーザーや詐欺・事件の噂も聞くネットの掲示板ジモティー。実際の体験やネットで見かけた事案を紹介します。対応策、通報の方法もご紹介。
らくらくメルカリ便を実際に使ってわかったメリット・デメリット
らくらくメルカリ便を実際に使ってわかったメリット・デメリット
ついに2000万ダウンロードを突破したフリマアプリ「メルカリ」。 新しい出品がどんどん出てくるから、暇があればついメルカリをチェックしちゃう!という人も多いのではないでしょうか? また、落札だけじゃなくて実際に出品をしている人も多いのではないでしょうか。「個人がものを...
アッテが神アプデ!メルカリの出品をアッテにコピーする方法
アッテが神アプデ!メルカリの出品をアッテにコピーする方法
3月6日から、メルカリで出品したアイテムをアッテにコピーできるようになりました! みんなが待ち望んでいたこの機能がついに実装されました。 先日手作業でコピー出品した直後のリリース!! メルカリとアッテ、同じ会社が運営しているのですが、なぜか相互に出品を同...

アッテの里親募集が大幅強化!魚類や昆虫も有償取引禁止に。植物は?
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!