ソフトカツゲンxラブラブサンド、リボンナポリンカツゲンを一緒に食べると!?

北海道民にはおなじみの乳酸飲料「ソフトカツゲン」。

東京や関西の人もひょっとしたらその名は耳にしたことがあるかもしれませんね。

雪まつりシーズンなんかは旅行ついでにおみやげに、何ていう人もいるかも。

まぁそんなソフトカツゲン、北海道ではスーパーやコンビニでよく見かけるんですが、この度日糧製パンの「LOVE LOVE SAND」とコラボ!

そして雪印メグミルクの「リボンナポリン」ともコラボ!

なにかと話題を振りまいているのです。

日糧製パンも雪印メグミルクも北海道企業なので、盛り上がってるのは北海道だけ、なんていうのは置いといて。

さて、私も北海道民の端くれということで、せっかくなので試食・試飲してみることに。

偶然にも近所のスーパーでラブラブサンドソフトカツゲン(長…)を見かけたので購入し、ついでにリボンナポリンカツゲンも別のお店で購入。

リボンちゃん、可愛いでしょ。

スヌーピーと同じ人が描いてるのかと、割と大人になるまで思ってました。

ではでは、さっそく開けてみましょ。

ラブラブサンド x ソフトカツゲン

ではまず、ラブラブサンドの方から。

ラブラブサンドってのは食パンの耳を取り除いた白い部分のみを使って、中に具材を挟んで縁をプレスした菓子パンです。

ラブラブサンド|日糧製パン株式会社
「おいしく、北海道らしく」をテーマに、お客様が笑顔になれる、こだわりのパンづくりで、安心しておいしく召し上がっていただけるパンを販売しています。

2個セットで入っているのでランチにちょうどいい感じですね。

いろんな種類が出ているので選ぶ楽しみもあるし、ランチにパックする人も多いんじゃないでしょうか。

・・・山崎製パンのランチパックのパクリじゃないですよ。

まぁそんなギリギリサンド、じゃなかったラブラブサンドの具材として、ソフトカツゲン風味のクリームを挟み込んだのがラブラブサンドソフトカツゲン、通称ラブゲンです(勝手に名前つけちゃった)

フィリング(詰め物)がソフトカツゲン風味のクリームになっているんですね。

半分にカットすると、フィリングはこんな感じ。いい感じ(feeling good)ですね。

暖かいところに置いておくと、たしかに滲み出そうな感じですが、意外としっかりしたクリームです。

食べた感じは、ちょっとソフトカツゲンより酸味が強いかな?と感じました。

ドリンクのソフトカツゲン(ノーマル)はもうちょっと甘ったるい感じなんですが。

でも、これはこれでありですよね。何と言っても持ち歩きやすい!!ランチにパックしやすい!

そしてカツゲンといえば験担ぎ。

パッケージにこんなシールが付いていました。やれることはやっておけ感。

カツゲン大使の脇田唯さんご紹介の動画こちら!

リボンナポリン カツゲン

続いて、リボンナポリンカツゲン。

リボンナポリンも北海道の人は馴染みがありますが、道外の方はカツゲンやガラナ以上に認知度が低いと思います。

ラインナップ - Ribbon | ポッカサッポロ
100年以上続くロングセラーの「リボンシトロン」「リボンナポリン」をはじめ、Ribbonブランドの商品ラインナップについてご紹介しています。

昔はリボンナポリン・リボンシトロンといえばメジャードリンクだったのですが。

最近はあまり見かけなくなりました。

そんな北海道でおなじみの炭酸飲料、リボンナポリンがカツゲンとコラボしたのがリボンナポリンカツゲン、通称ナポゲン(勝手につけました)

北海道限定!!

の文字が眩しいです。写真じゃボケてますけど。

ややこしいですが、カツゲン=雪印メグミルク、リボンナポリン=ポッカサッポロフード&ビバレッジですね。

リボンナポリンTMカツゲンRって書かれるとTMレボリューションあたりがYo Sayコラボしてきそうな感じもします。

飲んでみましょ。

濁濁としたイエロー!!

ソフトカツゲンは乳白色、リボンナポリンはオレンジ色なので、混ぜるとたしかにこんな色になりそう。

飲んでみるとコレがなかなか美味しい!!

もちろん炭酸は入っていないのでカツゲン色が強いのですが、なんかフルーツ牛乳っぽい!?

そう、まさに風呂上がりにグイッと飲みたいナポゲン!

ほー、これは美味しい。北海道民はぜひ飲んでおきたい!!

そして、カツゲン大使の脇田唯さんご紹介の動画はこちら!

一緒に食べるとWカツゲン!

さぁ、この2大北海道企業コラボレーション、せっかく揃ってるのだから一緒に食べなければ勿体無い。

パクっ。

ゴクッ。

甘い!!

そしてちょっと酸味!

そしてフルーティ!

フルーティー 公式サイト
北海道発!育成型フルーツアイドル。キュートでフレッシュなフルーティー達が、北海道を拠点に、全国を飛び回る!

カツゲンをはじめ乳酸菌飲料って主張が強いから、味のハーモニーとかそういうの一切ないですね。

あまり一緒に食べるメリットは無いですね笑

「カツゲン」とは?

「カツゲンカツゲン言うけど、カツゲンってなんなのさ」って思われる方、多いと思います。

全国的に分かりやすく言えば「ピルクル」っぽいやつです。

ピルクル全国区じゃなかったらスイマセン

その歴史は古く、旧日本軍が中国本土に駐屯している軍人に向けて開発した栄養ドリンクです。北海道で原液を作り、中国で製造していたらしいです。当時の名称は「活素(カツモト)」。

それが昭和31年に一般消費者向けにも販売され、名称も「活源」に変更、のちにカタカナ表記の「カツゲン」となります。

もとはビンで販売していたのが、昭和54年からは紙パックに。

これに合わせて中身も甘味や酸味を大幅に抑えてリニューアル、「ソフトカツゲン」となりました。

カツゲン発売|沿革|雪印メグミルク株式会社
雪印メグミルクの沿革

なので、「ソフトが有るならハードカツゲンもあるの?」なんてことは聞かないでください。

北海道へお越しの際は、ぜひソフトカツゲン、ラブラブサンド、リボンナポリンを探してみてくださいね。

北海道のメジャーコンビニ、セイコーマート通称セコマをご利用ください笑

ソフトカツゲンxラブラブサンド、リボンナポリンカツゲンを一緒に食べると!?
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!