Twitter拡散のハブとなるインフルエンサーがわかる!拡散経路可視化ツールが無料公開

Twitterで自分のツイートや特定のツイートがどう拡散されていったかがわかる「拡散経路を可視化するツール」が無料で公開されています。

RT(リツイート)分析
URLの拡散やあなたのTweetの拡散を分析・可視化し、どのユーザーが大きな影響を及ぼしているかを視覚的に捉えます。

例えば自分のツイートがある日突然100RTもされた!という場合。

フォロワー数が多い有名人や専門分野の権威にリツイートされたとき、爆発的にリツイート数が増える場合があります。

そのような影響力がある人のことを「インフルエンサー」というのですが、このツールを使うとインフルエンサーを可視化することが出来ます。

見てるだけでも楽しい?

使い方はとても簡単です。

このツール「UserLocal」のウェブサイトから、調べたいURLを入力するだけ!

ここで入力するURLというのは、

  • ウェブサイトのアドレス
  • 自分のブログ記事のアドレス
  • ツイートのアドレス

など、なんでも良さそうです。

UserLocalのトップページにはサンプルとして「ピース又吉に関する記事の拡散」「東京オリンピックに関する記事の拡散」「コミケに関する記事の拡散」が用意されているので、試しにソレを見てみるのも面白いです。

又吉さんの拡散サンプルを見てみると、

インフルエンサー可視化ツール

こんな感じでどう拡散されたか、どのユーザーがインフルエンサーかがわかるようになっています。

マウスのドラッグで移動、ホイールのスクロールで拡大縮小ができ、アイコンをクリックすると該当ユーザーのTwitterアカウントが開きます。

自分のTwitterアカウントを解析する

自分のツイートがどう拡散されているかを見るには、Twitterアカウントを認証すると便利です。

インフルエンサー可視化ツール

トップページにあるこのボタンから認証、解析ページに移動しましょう。

インフルエンサー可視化ツール

こんなふうに自分のツイートやリツイートされたツイートなどが表示されます。

拡散されたツイートは「拡散を見る」というボタンが追加されます。

インフルエンサー可視化ツール

「拡散を見る」ボタンを押すと、拡散が可視化された画面が表示されます。

1RTだとものすごく寂しいですね・・・

同一のURLなのに正確にRTカウントされていない場合があるのですが、短縮URLを使ってアドレスが都度変わっている場合は、同一のURLとして認識されないのかもしれません。

Twitter拡散のハブとなるインフルエンサーがわかる!拡散経路可視化ツールが無料公開
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!