2013年ベーコン燻製づくり、塩漬けが完了し塩抜きの工程へ

塩漬け開始から10日過ぎました。

2013年にはいってすぐ、ベーコン作りに着手し、ソミュール液を作り漬け込んでいたのですが、今日でちょうど10日たちました。

その間、ずっと冷蔵庫に入れていたのですが、1日1回程度は、中のソミュール液を撹拌させました。

そろそろ漬け込みも完了としたいので(漬け込み期間はお好みですが、僕はだいたい1週間〜10日)、次の工程「塩抜き」を行います。

塩抜き

今回のソミュール液はこしてないので濃厚な感じです笑

付いている香辛料を落とします。

ソミュール液に入っているにんにくの薄切りや生姜の薄切り、ローリエの葉など、いろんな香辛料などが肉に付着しているので、それらを洗い落とします。

と言っても、水道水を直接ジャーっとかけるのはなんか良くない気がします。

漬け込んでいた容器の端の方に水をチョロチョロと入れつつ、優しく落としていきます。

素手で作業する場合は、ちゃんと手を洗ってから作業しましょう。菌が付着しないように。

塩抜き

こういう捲れるところにもしっかり挟まっていることがあるので、お忘れなく。

全体的に洗い終わったら、大きめの容器に水をたっぷり入れて、肉を入れます。

これが「塩抜き」という作業になり、だいたい1日くらい水に漬けておきます。

塩抜き

これは直径30センチ、深さ50センチほどの密封容器。

水をかけ流しにして塩抜きする方法もあり、そちらのほうがスピードは早いのですがいかんせん水が無駄になります。

容器に入れて漬けておくやり方であれば、水は無駄になりません。

漬け始めは3時間に1度くらい、または水を舐めてしょっぱかったら、水を交換しましょう。

水を入れる容器は大きいほうが効率良いです。

塩抜きの際には真水ではなく薄い塩水にすると、肉の中の塩分も抜けるそうです!浸透圧という、塩の濃度が均一になろうという作用によって、肉の中の濃い塩分が、薄い塩水と均一になろうとして抜けていくそうです。次回からやってみよう。

いつまで塩抜きすれば良い?

だいたい1日くらいやって、水がしょっぱくなくなったら一度肉を薄く切り出し、焼いて食べてみましょう。

この時若干薄味くらいになればOKです。

この後、乾燥という作業を行い、その時に味の濃さは濃縮されます。

なので、少し薄味くらいで良いです。

過去のベーコン作成記事にも書いていますので、参考にしていただければ。

燻製ベーコンに再チャレンジ。塩抜きまでは良かったけど、肝心の燻煙が!?
燻製ベーコンに再チャレンジ。塩抜きまでは良かったけど、肝心の燻煙が!?
またまた燻製ベーコンです 10日ほど前に作り始めた第二弾燻製ベーコン(第一弾の燻製ベーコンレポートはこちら)ですが、本日ようやく燻煙を終え、完成しました! さすがに2回目なので手慣れた感じでちょちょいと完成・・・とはいかず。 最後の燻煙でなんか失敗気味とか(´;ω;...

燻製専門サイト作りました!

当ブログで紹介した燻製レシピも含め、これから燻製を始めたい人!ステップアップしたい人のための燻製専門サイト「燻製いんふぉ」を立ち上げました!

ベーコン作りのレシピも詳しく紹介しています。良かったらご覧ください!

【燻製レシピ】いぶし処で最大サイズ!?豚バラブロックでベーコンを作ろう
それではベーコンのレシピをご紹介します!今回は、燻製を始める方がよく使う、SOTOの「いぶし処」で作ることの出来る、おそらく最大サイズとなる800gの豚バラブロックを使います。おっきな肉は迫力がある!!写真は凍ったままですが、ちゃんと解凍し

2013年ベーコン燻製づくり、塩漬けが完了し塩抜きの工程へ
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!