auから他社へのMNP転出の流れ!意外と親切なサポート電話

さようならau。

まるで長年付き合った彼女と別れるかのような気持ちです。

さようなら、au。今月いっぱいであなたとはMNPです・・・

というわけで、auからMNPして、今話題のMVNOである「IIJmio」に変更を考えています。

iPhone6が発売されて3大キャリアは大忙し!サポートセンターの方もストレスたまっているに違いない!と思っていたのですが、そこはさすがにプロでした。

357cb2721081ef5afb8caf32280415cd_m

今回は実際に行ったMNP転出までの流れをご紹介します。ただし、auの場合です。

MNPって?

まずMNPについてわからない方に簡単に説明します。

MNPとは「ムーバブル・ナンバー・ポータビリティ」の略で、大雑把に言えば「キャリア変更しても電話番号変わらないよ、便利でしょ」っていうサービスです。キャリアというのはドコモ、ソフトバンク、auなどの通信会社のことですね。

例えば、「ドコモは通話料高いからソフトバンクにしよう」と思った場合、キャリアを変更すると電話番号も変わってしまいました。それがMNPを使うと電話番号を変えずにキャリアを変更できるのです。

ただ現在は主なキャリアは通話料も定額、データ通信料も横並び。ドコモ、ソフトバンク、au間でMNPする場合は、「いまMNPすると2万円引き!」とかそんなメリットしかないかもしれません。

ちなみに引き継げるのは電話番号だけで、携帯会社固有のメールアドレスは引き継げません!

MNPを行うときの流れ

MNPを行う場合のフローは以下の様な感じです。

1.契約中の携帯会社に「MNP予約番号」を発行してもらう。(この時点ではまだ契約は継続しています)

2.乗り換える先の携帯会社にMNP転入を申し込む(申し込みが受理された時点で、乗り換える元の契約が解除されます)

※MNP転出、MNP転入とはそれぞれの会社からみたお客様の動きなので、ちょっと混乱してしまうかもしれません。

基本的な流れは上記の通りです。

MNPを行う場合に事前に以下の情報を用意しておきます。

  • MNPしたい電話番号
  • 契約者の名前
  • 契約している電話の暗証番号(4ケタのやつ)

なので親名義で契約している学生さんなどは親御さんとご相談の上おこないましょう。

では、MNP予約番号取得までの実際の流れを詳細にご説明します。

MNP予約番号を取得する(以下auの場合)

まず、契約中の携帯会社にMNPをしたい旨伝えます。

※MNPの申し込みは「auショップで申し込む」「MNP予約受付窓口に電話で申し込む」の2種類があります。ショップで申し込みをする場合はスタッフが直接対面で説明してくれると思うので、近くに店舗がある人はショップ申込の方が良いかもしれません。僕は今回電話で申込を行いました。

MNP予約受付窓口に電話をすると、最初はガイダンスが流れます。ガイダンスに従って進みます。(と言っても1回しか選択はなかったかな・・・)

その後サポートに電話を引き継がれるのですが、混雑状況により10分ほど待たされます。ただ通話料無料なのでここはじっと我慢です。

通話がつながったら、MNP予約番号を申し込みたい旨を伝えます。ここで上記の「MNPしたい携帯番号」「契約者名」「暗証番号」を聞かれます。

また、どの業者にMNPをするのか聞かれますが、ここは任意ですので答えなくても大丈夫でした。「MNP先は検討中です」と答えてもOKです。

次に、MNPに伴う料金を説明されます。と言ってもMNP手数料と、2年縛りのある人は契約解除料についてのみです。2年縛りを受けている人はここで「契約解除月」も教えてもらえます。この辺すごく親切ですね。僕の場合はMNP予約番号発行の申し込み電話をしたのが9月28日、契約解除月は10月ということで、教えてもらえなかったら10,000円ちかく損するところでした。

最後に、MNP予約番号が口頭で伝えられます。10ケタの予約番号を、聴きやすく伝えてくれますのでしっかりメモしましょう。まぁ電話が終わった後にSMSで予約番号が届いたのですが笑

この予約番号を転入先に伝えればMNPは完了ですね!

MNP予約番号には有効期限がある

先述の通り、申し込みをしたのが2年縛りの契約解除月ではなかったので「10月に入ってから改めて申し込みします」とお伝えした所、「MNP予約場号の申し込みだけ事前に行うことも可能ですよ、せっかく長い時間お待ちいただきお電話繋がりましたし」とのこと。

つまりMNP予約番号を申し込んだ時点ではauが解約になるわけではなく、転入先(新たに契約する携帯会社)と契約した時点で、その転入先がauとの解約作業を行ってくれる、とのことらしいのです。なので現時点でMNP予約番号だけ取得しておき、10月1日に転入先に申しこめば良いということですね。

ただひとつ注意点が、MNP予約番号には有効期限があるということです。有効期限は15日、そして今回転入先に考えているIIJmioは有効期限が7日以上残っていることが条件なので、MNP予約番号取得から実質8日以内に契約しないといけないのです。

ですので、MNP転出、転入は計画的に行う必要があります。余計な出費は抑えたいですからね。

次回、IIJmioとの契約の流れも書きたいと思いますので、気になる方はチェックしてくださいね!

>>>【毎月4900円節約】auからIIJmio(みおふぉん)にMNPしてみた!実際にBIC SIMカウンターで即日MNPを完了した手順を紹介

auから他社へのMNP転出の流れ!意外と親切なサポート電話
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!