何コレ見やすっ!無料写真素材からオリジナルアイキャッチ画像を作る方法

ブログを書く上で欠かせないのが「アイキャッチ画像」。

ブログ記事を本に例えると、アイキャッチ画像は「表紙」のようなもの。

まわりの本と同じような表紙だとなかなか読んでもらえないし、そもそも表紙が無い本なんてもってのほか!!

せっかく書いた記事なので多くの人に読んでもらいたい。

そのために、アイキャッチ画像は「見やすく、オリジナリティを出す」ことが大切だと僕は思っています。

例えば誰もが使っている無料の写真素材ではなく、自分で記事に合った写真を撮ってくるのもオリジナリティ。

だけど写真を撮るのは自信がない、という方もいらっしゃると思います。

とっても見やすい無料写真素材を使ったアイキャッチ画像の作り方

今回は無料写真素材に一手間加えて作る「オリジナルアイキャッチ画像の作り方」をご紹介します!!

参考になれば幸いです。

そもそも「アイキャッチ画像」ってなに?

ブログにおけるアイキャッチ画像というのは、記事内容をイメージできるようにつける画像のことです。

例えばブログの記事一覧ページだと、記事タイトルと合わせて表示されます。

アイキャッチ画像の使われ方

ブログ記事ページでは記事の先頭付近に表示され、まさに表紙と言った感じ。(表示有無は個々の設定によります)

アイキャッチ画像の使われ方

また、Facebookでブログ記事のURL(アドレス)を貼り付けた時にも表示されます。(設定によります)

アイキャッチ画像の使われ方

同じくTwitterでも表示されます。(個々の設定によります)

アイキャッチ画像の使われ方

パッと見ていかがでしょう?

もしアイキャッチ画像がなかった場合、そのブログ記事は印象に残るでしょうか?

文字と写真を組み合わせたアイキャッチ画像があれば、パッと注目されますし、そのブログ記事が何について書かれているのかがイメージできます。

これが「ブログ記事にはアイキャッチ画像を設定しよう」と言われる理由です。

見やすく印象に残るアイキャッチ画像とは?

しかし、ただ写真を設定するだけでは印象に残るアイキャッチ画像とは言えません。

自分で撮影したオリジナルの写真であれば差別化はできますが、無料の写真素材集から写真を利用する場合はどうしても他の人と同じ画像になってしまいます。

「いい写真・使いやすい写真」はみんなが使いますから、オリジナリティを出すことはできません。

また、アイキャッチ画像に欠かせない「写真+文字」ですが、ただ写真に文字を載せるだけだと文字が読みづらくなってしまいます。視認性の低い画像を見せられても、よほど気になる内容でなければ読まれないのではないでしょうか。

つまり、見やすく印象に残るアイキャッチ画像とは

  • オリジナルの写真
  • 見やすく加工された文字

ということになりますが、今回はオリジナルの写真を用意できない場合を想定していますので、無料写真素材を使ってどこまで見やすいアイキャッチ画像を作れるかを作例とともにご紹介します。

無料写真素材サイトから写真をダウンロードしよう!!

はじめに無料写真素材サイトからアイ・キャッチ画像として使いたい写真を探しましょう。

無料写真素材を配布しているサイト

僕が普段お世話になっているのは以下の4サイト様。いつもありがとうございます。

メジャーどころばかりだから改めて紹介するまでも無いかも!?笑

写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】
「写真素材 足成」は、全国のアマチュアカメラマンが撮影した写真を、写真素材として無料で提供しています。個人、商用を問わず全て無料でお使い頂け、その上、煩わしいクレジットやリンクの表記、ユーザー登録は一切不要。Web、紙、動画他、あらゆる媒体で写真素材としてのご利用が可能です。更新も365日毎日行っております!
ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード
写真素材ぱくたそは、「使って楽しい!見て楽しい」をキャッチコピーに14950枚のフリー素材を配布しています。会員登録なしで簡単ダウンロード可能、すべてレタッチ済みの高品質/高解像度です。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。
おしゃれなフリー写真素材 | GIRLY DROP(ガーリードロップ)
GIRLY DROP(ガーリードロップ)は、眺めるだけで、キュンとする♡女の子による女の子な無料(フリー)写真画像サイトです。通称「がりどろ」または「ガリドロ」☆商用利用可能で会員登録やクレジットは不要!写真はオシャレな加工済みです♫

今回はぱくたそさんで配布している、このネコちゃんをサンプルにします。

ねこちゃん

かわゆい。

見てるの。こっち見てるの。そうなの。

作例とポイント

それでは実際の画像作成を見ていきます。

いろんな作成パターン(作例)と、最後に完成作品をご紹介します。

作例では作成時のポイントや良い点・悪い点なども合わせて紹介していきますので、ぜひ完成作品と比較をしながらご覧ください。

作例1:写真に文字を乗せてみる

05-sample

写真の縦横中央に文字を入れた作例です。

この作例は悪い例ですね。

まず、フォント(文字)が細すぎて、このままでは読みづらいです。

また、白いフォントとネコの鼻付近が一体化して読めなくなっています。

これを改善するにはいくつか方法があります。

作例1-1:文字を太くしてみる

作例1-1

単純に太いフォントに変更してみました。

これだけでもパッと見の印象は強くなりましたが、白い部分は写真と同化してしまっています。

作例1-2:文字の下に帯を入れてみる

作例1-2

よく利用される手法で、文字の視認性が格段に上がりました。

このとき、帯の色は写真の一部と同じ色を使うと統一感が出ます。

今回はねこが包まっている毛布の紫を使いました。

作例1-3:縁取り文字にしてみる

作例1-3

文字を縁取ることでも視認性を上げることができます。

今回の作例では紫色を少しだけ透明にした縁取りと、ボワっと光っているようなエフェクトを加えています。

影を落とすドロップシャドウなども効果的ですが、その場合は太いフォントを使ったほうが良いでしょう。

作例2:写真をぼかしてみる

作例2

次は文字をいじるのではなく、写真に修正を加えた作例です。

背景となる写真をぼかすことで、文字を浮き出させることができます。

作例2は作例1と比べ、同じフォントを使っているにもかかわらず、だいぶ読みやすくなっています。

作例2-1:ぼかした写真を暗くしてみる

作例2-1

ぼかした背景写真を暗くすることで、白い文字が一気に浮き出てきます。

ただしこの場合「癒やし」「可愛い」というイメージとはかけ離れてしまうので、悪い作例です。

作例2-2:ぼかした写真を明るくしてみる

作例2-2

こちらは逆に明るくしたパターン。

背景写真を明るくしたことで白の部分が多くなり、白い文字と同化する部分が多くなってしまいました。

明るい雰囲気は記事の内容と合っていますが、作例1-2のように帯を入れるか、作例1-3のように文字に縁取りをするなど工夫する、または文字の色を黒に変えると読みやすくなります。

作例3:アクセントを加えてみる

作例3

「間違いなく癒される!」の文字を変更して、「癒やし120%!」というパーツに変更しました。

また、数字の「10」のみフォントサイズを大きくしています。

アクセントは付け過ぎると散漫な感じになってしまいますが、効果的にアクセントを付けると強く印象づけることができます。

(この作例はちょっとだけ背景写真を明るく加工してます。ズルです。)

作例3-1:大人っぽいアクセントにしてみる

作例3-1

大人っぽいアクセントは、シルエットのパーツや明朝体のフォントを使うと、だいたいそれっぽく仕上がります。

大人の女性向けファッション誌などが参考になると思います。

ターゲット層に合わせたアイ・キャッチ画像を作る場合、そのターゲットが読みそうな雑誌の表紙などはとても参考になります。

完成作品がこちら

以上の作例を踏まえて、完成した作品がこれ!!

完成作品

ほぼ作例3-1と変わらないですが、ターゲットを仕事に疲れたOLさんと仮定して、女性向けファッション誌っぽいデザインにしてみました。

今回の作成のポイントは以下のとおりです。

  1. ターゲットに合わせてフォントを選ぶ(細めの明朝体)
  2. 細いフォントでも読みやすいように縁取りをする
  3. 「癒やし」を連想させる色使いにする(色は写真の中から選ぶと統一感が出る)
  4. メイン写真は光りに包まれたような効果をつける(グロー効果)
  5. メインの猫が隠れないようなレイアウトにする

4番目のグロー効果については野暮ったい写真でもふんわりと光りに包まれた魅力的な写真に変えることができるのでオススメです。

簡単画像編集!普通の写真をふんわり柔らかい光に包まれた写真にする方法2パターン
簡単画像編集!普通の写真をふんわり柔らかい光に包まれた写真にする方法2パターン
ブログに使う写真、どんなものを使っていますか? 高品質な写真配布サイトから探せば何も加工しなくても素敵な写真を使うことができるのですが、自分で撮影した写真を使う場合って、なんかこう・・・「野暮ったいなぁ」って思うことありませんか? 今回はそんな、ちょっと残念な写真にひ...

アイキャッチ画像作成のまとめ

以上、無料写真素材からインパクトのあるアイ・キャッチ画像の作成方法をご紹介しました。

文字を読みやすくするためには、

  • 太いフォントを使う
  • フォントを縁取りする
  • フォントの下に帯を入れる
  • 背景写真をぼかす

インパクトを与えるには、

  • アクセントとなるパーツを加える
  • 写真を魅力的に見せる
  • ターゲットに合わせたデザインをする

アイキャッチ画像を作るときに上のことを少しでも頭に置いておくと、アイキャッチ画像作成に迷うことは無いと思います。

アイキャッチ画像は、写真でそのブログ記事がどんな内容かイメージさせること、文字でブログ記事の内容を伝えることが大事です。

パターンとしては写真メインのアイキャッチ画像と、文字メインのアイキャッチ画像に分かれると思いますが、その場合は中途半端にならないようにしましょう。

写真を控えめにすれば文字は目立つし、文字を控えめにすれば写真が目立ちます。

うまく足し算引き算して、魅力的なアイキャッチ画像を作っていきましょう。

なお、Facebookにブログ記事のURL(アドレス)を貼り付けた時に出る画像は、画像サイズによってはトリミング(画像の一部が削除)されることがあります。

具体的には「横1200px、縦630px」というサイズで画像を作れば良いのですが、縦横比率を守ればトリミングされることは通常ありません。

facebook&ブログ両対応「アイキャッチ画像」の作り方を公開します
facebook&ブログ両対応「アイキャッチ画像」の作り方を公開します
「人は見かけが9割」なんていう本も出ていますが、ブログ記事も最初の印象で読まれるか読まれないかって左右される部分があります。 ブログ記事が人の目に付く場面として想定されるのが、FacebookやTwitterなどのSNS。 SNSでのシェアによる拡散は無視できないもの...
何コレ見やすっ!無料写真素材からオリジナルアイキャッチ画像を作る方法
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!