初めて「みよしの」でテイクアウト。思いのほか丁寧な梱包に驚き、味に満足。でも・・・

札幌人にはお馴染み、札幌のソウルフード、ぎょうざ&カレーの「みよしの」。

特色すべきはその提供スピード。

もう注文する前から出されるんじゃないかという勢いで、30秒~1分で出てきます。

実際餃子はすでに焼いていたり、カレーはかけるだけなんだろうけど。

そんな「みよしの」に、選挙投票の帰りに寄ってきました。

本当は店舗内で食べたかったんだけど、みんな選挙帰りに寄っているらしく激混み!

というわけで、初めてのテイクアウトを試みました!

まずは注文

みよしののテイクアウトは専用のカウンターで行います。

テイクアウト用のメニューがあり、店舗内で食べるよりちょっと高いですね。

今回は店舗内メニュー「みよしのセット」と同等品の「みよしの弁当」を頼んだのですが、税込みで30円高いです。これはほぼ容器代でしょうね。

待つこと1分(はやっ)

おばちゃんに笑顔で渡された「みよしの弁当」はホカホカの出来たてです。うまそー!

開封の儀

それではさっそく開封です。

袋から取り出すとまず飛び込んでくるのは割り箸と紙ナプキン、スプーン。

割り箸にはグループの「そば処信州庵」もきっちり記載されています。

パッケージ

それにしても、紙ナプキンとスプーンが一緒の袋に入っているのですが、これが見事に真空パック!

なんだかものすごい衛生的な感じがしますね。

真空パック?

こんな時代だから衛生面にこだわるに越したことはないですが、ちょっとびっくり。

付属品

トレー1段目

外蓋を外し、1段目のトレーから見ていきます。

トレー1段目

餃子が6個と、福神漬け、そして餃子のタレが入っています。

区画がちゃんと分かれていて、タレを入れる皿にもなるタイプですね。

餃子

餃子6個

みよしのの餃子はチープ&デリシャスです。

王将とかのより断然好きです。

一口で食べるときは餃子に穴を開けるとタレが染みこんで美味い。

福神漬け

福神漬け

福神漬けについては特筆すべきことはナシ笑

餃子のタレ

タレはセパレートタイプ

タレは餃子のタレとラー油がワンパッケージになっているタイプです。

これがちょっと開けづらいんですよね・・・しかもどうしても手が汚れちゃう。

マクドナルドのケチャップとソースがワンパッケージになってるやつは優秀ですよねーあれ最初に見た時感動しちゃった。

トレー2段目

トレーの2段目にはカレーが入っています。

でも、開けて違和感。

なんか固まってる・・・?

トレー2段目

と思ったら、なんとビニールがかかっていました。

保護シート

これは1段目のトレーにカレーやライスがつかないように配慮でしょうか。

たしかにこのビニールのお陰でトレーは綺麗だし、カレーとライスがぐちゃぐちゃになっていない。

素晴らしい!

おそるおそるビニールをはがすと・・・

つやあり

キラキラ輝くカレーとライス!!

いやー、よく考えてるね「みよしの」!!

残念な点

褒めてばかりじゃアレなので、残念だった点。

これはもう、1つしかないんですが・・・・

テイクアウトは新漬が付かない!!

これはかなりショックでした。

というのもみよしのの新漬、アレなにキャベツ?白菜?

よくわかんないけど、カレーのあとに食べる新漬けはすごく美味しいんだよ!

しかもみよしのの新漬はおかわり自由(店舗によるかも)。

てっきりテイクアウトにも付いてくるものだと思ったのに・・・

ちなみに新漬は「しんづけ」と読みます。「つけもの」って言っても通じるだろうけど。

新しく漬けた漬物。漬けてからまだ日がたっていない漬物。
コトバンクより引用

まぁそんなこんなで500円でみよしのカレーと餃子を美味しく頂いた選挙投票日でした。

初めて「みよしの」でテイクアウト。思いのほか丁寧な梱包に驚き、味に満足。でも・・・
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!