【おうちカフェ】BBC?スタバ?落ち着ける自宅で飲むコーヒーは美味しくて安上がりです。

みなさん、コーヒーって飲みますか?

僕は結構飲むんですよね。

特にブログを書く時なんかは、まずコーヒーを一口飲んで、気持ちを整えてから取り掛かります。

アメリカン・コーヒー

もうコーヒーを飲むためにブログを書いているようなもんです。ウソです。

コーヒーって外で飲むと高いよね

さて、せっかく飲むコーヒーですから美味しいものを飲みたいのですが、スタバとかブルーボトルコーヒーとか、話題のカフェや喫茶店に行くと一杯300円~400円くらいです。

バンスコーヒー

お店側も商売ですから利益を出さなければいけません。

コーヒー豆ひとつとっても特別な豆を使っているかもしれません。

ドリップマシンも高価で素晴らしい物を使っているかもしれませんし、人員を使って一杯ずつドリップしているかもしれません。

「居心地の良い空間」だったり「その店で飲んでいる特別感」を演出し、客側もそれに納得してその料金を支払います。

でも僕は正直その価格には納得ができないので、コーヒーはほぼ自宅で飲むようにしています。

自宅でもちゃんとドリップすれば美味しいコーヒーになる

僕が自宅で飲むコーヒーは、コーヒー豆を自分で挽いて、自分でドリップするコーヒーです。

インスタントコーヒーは最近苦手で飲んでいません。

自分の認識では、インスタントコーヒーは「溶かす」もの、ドリップコーヒーは「抽出する」もので、まったく別物だと思っています。

なので、美味しいコーヒーのためには自らコーヒー豆を挽きます。

コーヒー豆の選び方は、正直飲んでみないとわからないのですが、今回はアマゾンで安い豆を買ってみました。

「アバンス」というメーカーのコーヒー豆で、なんと500グラムで720円!やっすい!

アバンスコーヒー

キリマンジャロブレンドとスペシャルブレンドがあったので、両方買ってみました。

正直、あまり期待はしていなかったのですが、通常どおりの挽き方と量だとちょっと薄いかな?という感じ。

挽き方は調整しつつ、美味しいコーヒー具合を探したいと思います。

このあたりも自宅コーヒーの楽しみ方のひとつですね。

コーヒードリップポットはぜひ買いたい!

今回アマゾンで豆を買ったついでに、コーヒードリップポットも買ってみました。

フィーノ コーヒードリップポット

これです。

この注ぎ口が普通のヤカンなどと違って、少ない水量を安定して出すことができます。

注ぎやすい注ぎ口

実際に使ってみてわかったのですが、ドリップコーヒーには必須かも!っていうくらい使いやすいです。

最初は水量を少なめに、徐々に水量を多くしていく感じになるのですが、普通のヤカンだと難しいんですよ。

水量を少なくしようとすると「ボタボタボタッ」ってなるし。

コーヒードリップポットだと上の写真のように安定してお湯を注げます。

ドリップコーヒーの場合、上手に入れるとどんどん豆(粉?)が膨らんできて面白いです。

また、ヤカンだと傾けすぎるとフタがポロッと取れちゃう場合があるのですが、このドリップポットはそんなに傾けなくてもお湯が注げます。

仮に傾け過ぎたとしても、フタが簡単に外れない仕組みになっているので安心です。

値段もそこまで高いものではないので、自宅でコーヒーを飲む機会が多い人には是非おすすめします。

美味しさは思い込みも必要?

実は途中に載せたコーヒー豆の写真。

バンスコーヒー

コレは先程のamazonで買った豆をマグカップに山盛りにして僕が撮った写真です。

綺麗に撮れば美味しそうに見えるもんですね笑

カフェや喫茶店で飲むコーヒーが高いのは、やっぱり場所代なのかなぁ。

ドリッパーを導入

いままでペーパーフィルターを使っていたのですが、ランニングコストとたまに起こる在庫切れ(自分の管理不足)が嫌になったので、ペーパーフィルター不要のドリッパーを購入しました。

コーヒーフィルターペーパー不要のハリオ カフェオールドリッパーを試す
コーヒーフィルターペーパー不要のハリオ カフェオールドリッパーを試す
コーヒーを一日4杯飲むと長生きできるというお話もありますが、僕も結構コーヒーを飲む方で、朝昼晩とコーヒーを飲んでいます。 味にはあんまりこだわりはないほうで、「質より量」で安いコーヒー豆をアマゾンで探して試したりしています。 ただ、コーヒーは常にストックを切ら...

これがなかなか便利!

それほど高いものではないので、気になっている方は試してみては?

【おうちカフェ】BBC?スタバ?落ち着ける自宅で飲むコーヒーは美味しくて安上がりです。
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!