VAIOブランドのスマートフォンが3月12日に日本通信から発表される!Xperiaとは別物?

ついにVAIOブランドのスマートフォンが姿を現します。

日本通信株式会社が3月12日に「VAIO」ブランドのスマートフォンを発表すると告知しました。

VAIOスマートフォン

ソニーから売却され、独立した「VAIO」がどんなスマートフォンを出してくるのか、楽しみですね。

SONYからVAIOへ

さて、VAIOというとソニーのパソコンブランドとして確立し、一時は「AVパソコンといえばVAIO」「薄いパソコンといえばVAIO」というように技術の先端を担うイメージがありました。

そのVAIOブランドはソニーの営業悪化により惜しまれつつも消滅し、VAIO株式会社として独立することになります。

VAIO株式会社からはその名の通り「VAIO」というパソコンが発売されています。

VAIO

メインストリームは「VAIO Z」というシリーズ。

Zシリーズというと2010年ころにソニー製VAIOで「究極のモバイル」として、ハイエンドノートパソコンにその名が与えられていました。

VAIO株式会社から発売されている現VAIO Zはコンセプトに「自由であるか。愉快であるか。独創的であるか。」と言っています。

国産スマートフォンはなかなか他社と差別化ができていません。

それは万人が使えるスマートフォンを作らなければいけない、いわば型に嵌まった作り方だと思います。

VAIO株式会社が掲げる「自由であるか。愉快であるか。独創的であるか。」というメッセージには、この型に嵌まらない、おもしろいスマートフォンを期待しています。

日本通信株式会社って?

今回発表されるVAIOスマートフォン。

実はVAIO株式会社と日本通信株式会社の協業により開発されました。

日本通信株式会社と言えば、やはり「b-mobile」が真っ先に思い浮かびます。

格安MVNOの先駆者ですね。

SIMフリーのスマートフォンに別途SIMカードを契約するとデータ通信や通話が格安で出来るのですが、そのSIMカードを提供する会社です。

同様の格安MVNOにはIIJmioやNifMO、DMMモバイルなどがあります

ハードウェア(端末)部分はVAIO株式会社が、通信部分は日本通信株式会社が担当し、協業を行っているようです。

知名度・ブランド力のある2社が組んだスマートフォン、期待です。

Xperiaとは違うの?

さて、もともとソニーのブランドを冠したスマートフォンということで、Xperiaとは違うの?と思われる方がいると思います。

ここでちょっと歴史を遡ってみます。

まず、ソニーの携帯電話事業とスウェーデンのエリクソン社の携帯電話事業が合併し、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが誕生しました。通称ソニエリというやつですね。

この合併会社は後にソニーの100%完全子会社となります。

ソニーから発売される携帯電話はソニエリの名を与えられていました。

そして、ソニエリから発売されたスマートフォンが「Xperia」です。

国産のスマートフォンの中ではスタイリッシュな形状に人気を博しました。

そして今回発売されるスマートフォンはVAIOブランドを冠しています。

VAIOブランドではありますが、VAIO株式会社が作ったものであり、ソニーとは関係がありません。

つまりXperiaともまったく関係がないと思われます。

現役機種のXperia Z3コンパクトや、これから発売されるであろうXperia Z4 ULTRAなどとも関連はなさそうです。

(間違いあったらご指摘ください^^;)

3月12日の発表まで約2週間、いったいどんな端末が出てくるのか楽しみですね。

とうとう発売されました!

が・・・

VAIOフォン登場!同クラス機種比較、定額高速通信は魅力だが・・・

VAIOブランドのスマートフォンが3月12日に日本通信から発表される!Xperiaとは別物?
この記事が役に立ったら
いいねお願いします!
スポンサーリンク

更新情報をお届けします!