この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

ガラケーを格安SIMスマホに!親の携帯をMNP(ナンバーポータビリティ)で名義変更&機種変する方法は?

今や1億6000万件という膨大な契約数となった携帯電話。

日本の人口が1億2500万ほどなので、乳幼児などを除いたとして1人2台ほど携帯電話やスマホを所有しているということでしょうか。

外に出て地下鉄や電車に乗ればみんなスマホをいじってるから、そのくらい普及しているのは間違いなさそうです。

思い返せば携帯電話が身近になったのは昭和の時代、PHSが普及しだしてからでしょうか。

当時の学生などは携帯電話の料金が高いのでPHSを使い、携帯の料金が下がって来ると携帯電話が普及し始めました。

そして、iPhoneの登場によりスマホが爆発的に普及します。

この世代がおそらく40代、アラフォー真っ只中の皆様。

携帯からスマホに変えても問題なく対応できる世代です。

しかし、我々の親世代、60代~70代の人はどうでしょう?

いつでも連絡がつくようにと携帯電話を持たせたっきり、何度か携帯電話→携帯電話の機種変はあったかもしれませんが、いよいよスマホに変えないといけないときでは?

特に、機械が苦手な年配の皆様!!

この世代になると新しく操作を覚えるのも、ましてや専門用語を理解するのも困難です。

もし今使っている携帯電話が壊れて、明日からスマホ使ってくださいねと言われても、困ってしまいますよね。

先日、親戚などが集まった際にそんな話になりました。

携帯電話が壊れるのが先か、自分が壊れるのか先か、なんて笑いながら言っていましたが、なかなかリアルな問題です。

なので、なるべく脳みそが若いうちに(笑)新しい機械の操作に慣れておくべきだろうと双方の意見が合致し、うちの母親のガラケーをスマホに機種変することになりました。

母はすでに10年間おなじ携帯電話を使っていました!気づいてあげなくてゴメンナサイ。

今回はソフトバンクの携帯電話いわゆるガラケーをMNP(ナンバーポータビリティ)で格安SIMスマホに変更する話です。

ただ一癖ありまして、携帯の名義が僕名義になっているということ。

支払いも一緒くたになってしまっていたので、この際、母への名義変更も同時に行いました。

ガラケーから格安SIMのスマホに機種変更するのは一筋縄ではいきません。

ましてや年配のかたに一人でやらせるのは絶対に無理です。スマホ・格安SIM・MNPなど多少なりとも知識のある息子さん・娘さんの出番です。

本人がスマホにしたいという希望があるのであれば、事前にこの記事を読んでから検討されてみてはいかがでしょうか。

今回はMNPが先か名義変更が先かなどの問題もあったので、同じ状況で悩んでいる人の参考になればと思います。

スポンサーリンク

今回のMNP(ナンバーポータビリティ)に関する現状とゴール

現状と、達成したいゴール。

  • 契約の名義が僕(息子)なので、これを母へ変更する
  • ソフトバンクで契約している(オレンジプラン!)
  • MNPで格安SIMへ変更する
  • 電話帳(アドレス帳)をスマホに移す
  • 携帯電話で撮った写真をスマホでも見られるようにする

こんな感じです。

ちなみに母のスペックですが、

  • 60代
  • 携帯電話使用歴10年(主に通話、メール)
  • 機械・電子機器には弱い
  • でもニンテンドーDSは好き

こんな感じで、一般的な60代女性のモデルかと思います。

ニンテンドーDSで遊んでるのでタッチパネルを理解しているのはありがたいです。

やることチェックリスト

今回やらなければならないことをリストアップしてみます。

なんとなく時系列でまとまっていますが、並行して行える作業もあります。

それぞれの内容については別記事に詳細をまとめ、出来上がり次第追記していきます。

携帯電話の名義変更

  • 携帯電話契約の名義変更 費用発生

特殊なケースかもしれませんが、僕名義の携帯電話契約を母名義に変更します。

これはMNP転出の名義とMNP転入後の名義が同一でなければならないため。つまり格安SIMにMNP転入すると同時に名義を変えるということはできません。

名義変更には現在の名義人と、変更したい名義人の2人が揃って行く必要があります。

身分証明なども必要なので注意しましょう。

ソフトバンク携帯を格安SIMスマホにMNP!事前に名義変更する理由
ソフトバンク携帯を格安SIMスマホにMNP!事前に名義変更する理由
長年使っているガラケーをスマホに変えたい。 月々の携帯代を抑えたいから格安SIMに変えたい。 スマホなどに詳しい人ならササッと機種変やMNPできちゃうかもしれませんが、慣れない人にとってはなかなかハードルの高い作業です。 特に機械が苦手な女性や高齢者は、...

事前にスマホをセットアップする

  • 携帯電話から電話帳・写真データをSDカードに保存
  • Googleアカウントの作成
  • 電話帳をGmailの連絡帳にインポート
  • 写真データをフォト(Google)にアップロード
  • SIMフリースマホの手配(液晶フィルム・ケース・大容量SDカードも!)費用発生
  • スマホにGoogleアカウント設定(連絡帳・フォトの確認)
  • アプリのインストール、操作練習

事前にSIMフリーのスマホを用意しておくのは、スマホ操作に慣れてもらう練習にもなるのでGOODです。

しばらく携帯電話&スマホの2台持ちで使ってもらうのも良いかもしれません。

僕は携帯の解約金の掛からない更新月までそうしてもらうつもりです。

格安SIMで端末セットを狙う場合は、データSIMで契約すれば、いつでも解約して通話SIMに変更することも出来ます。

楽天モバイルなんかはいつも端末セットを安く出してる気がします。



楽天モバイルは超お得!
楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

家にWifiがあればデータSIMも一番安いコースで問題ないと思います。

詳細記事執筆中!

スマホセットアップ後

  • 電話帳をエクセルなどで一覧にして出力しておく
  • 友人・知人にキャリアメールが使えなくなった旨を連絡(メアド変更連絡)

スマホが使える状態(Googleアカウントなどの設定済み)になれば、メールアドレス変更の連絡をしても問題ありません。

MNPで契約するので、電話番号は変更無し・キャリアメール(@softbank.ne.jp、@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp)がパソコン用Eメールに変わるという内容を伝えましょう。

気が重くなるのが、100件程度ならまだしも、500件とかある場合。

この年代になると、登録している相手が死亡していたり、間違って登録してしまったものなどがあるかもしれません。

携帯電話から取り出した電話帳をエクセルなどで出力して1件ずつチェックできるようにし、事前に削除して整理しておきましょう。

その上で、パソコンのGmailからBCCなどで一括送信すると楽です。

しかし、相手の携帯電話がパソコンからのメールを拒否設定している場合も想定できます。

Eメールが届かないようであればショートメールで、それでも音沙汰ないようであれば電話で、さらには年賀状や暑中見舞いなどアナログな手法も活用しましょう。

紙に出力した電話帳リストに、どの連絡方法を取ったかメモできるようにすると良いかもしれませんね。

詳細記事執筆中!

名義変更・契約関連

  • 携帯電話の更新月確認
  • ソフトバンクの解約、MNP予約番号取得(MNP転出) 費用発生
  • MVNO(格安SIM)の契約(MNP転入) 費用発生

おそらく最後の砦になるであろう、契約関連です。

携帯電話の更新月確認は、余計な出費を抑えたいとき(解約違約金)は要チェック。1万円近い出費は他のことに使いたいですね。

また、MNP転出・MNP転入にもそれぞれ手数料がかかるので、多少の出費に覚悟しましょう。

MNP転入先によっては手数料を抑えられる場合があります。

またMNP予約番号は発行から15日間という有効期限があります。

このあたりも焦ってしまいそうですが、落ち着いてやれば大丈夫。

詳細記事執筆中!

続きは現在執筆中!

おおまかに、以上が名義変更を伴うガラケーからスマホにMNPする工程となります。

一つの記事にするには膨大な情報量になりそうなので、項目ごとに記事を分ける予定です。

各記事につきましては現在執筆中なので、記事ができ次第リンクを張っていきたいと思います。

名義変更を伴うナンバーポータビリティというのがちょっとイレギュラーですが、なるべく無駄な作業や余計な出費がないように、またスムーズに行えるようにまとめますので、末永くお付き合いください!

スポンサーリンク
LINEスタンプ発売中です

LINEスタンプ発売中です

この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします!

更新情報をお届けします!